バージョンアップするたびに新しい問題を引き起こすWindows10ですが、Windows10のストアアプリの自動更新がネットワークの帯域負荷の原因になりうるそうです。


情報元はこちら。

ストアアプリの自動更新によるネットワーク負荷(TechNet)


最近不定期にインターネット回線の利用率が非常に高くなる現象が見られため、調査したところ、Win10Proストアアプリの自動更新が、ネットワークに負荷をかけていることが判明したという内容です。

ネットワークの負荷になる要因の一つとして、自動更新の実行タイミングの問題(PC起動後に一斉に行われることによるトラフィックの集中)があるとあります。


こちらの回答では、WSUSでの配信の最適化についてが回答になっていますね。しかし、最適化の情報を見ましたがかなり細かいですね。できることならWSUS経由で、社内LANのネットワークを太くするという構成ができればいいですね。

GLEVIO(グレヴィオ)ビジネスバッグ メンズ ブラック 2way