今年の冬はかなり寒いと思いましたが、まだ、冬本番ほどの寒さではないですね。2月がほんとうに恐ろしいのですが、最近、手袋もつけたままスマホやiPhoneが操作できるものがあって人気みたいですね。


先日もセブンイレブンに行ったら、手袋をつけたままスマホが操作できるものが売られていました。そして、難しいのは指紋認証。さすがに手袋をつけたまま指紋認証ができないようね~と思ったら、便利グッズがあるようです。


寒い外で、手が冷えるのでスマホ対応の手袋をしていますが、それでも指紋認証はしてくれないので結局手袋を外す羽目になるのが嫌という方におすすめのアイテムです。
512pHCbeoqL

素材構成: なし
【サイズ】1枚当たり:(約)幅2×高さ2.05cm 【内容量】4枚入り 【生産国】日本製
【備考】こちらはスマートフォン対応手袋用です。それぞれに独自の手法でパターン化された紋様を使用しておりますので、他のユーザーが所有するDiper IDでは認証されません。
【ご注意1】iPhone、iPadなどの静電容量方式指紋認証Touch IDに特化した擬似指紋シールです。他の端末については動作確認を行っておりませんので予めご了承ください。 液晶保護フィルム等のご使用により反応しにくい場合があります。 洗濯をする際は、お手持ちの手袋の洗濯表記に従い洗濯してください。 一度貼ってしまったDiper IDシールを剥がすと手袋を破損する恐れがありますのでお止めください。


「Diper ID」は、指紋が描かれているシールで、これをスマホ対応手袋の指先に貼り付けてTouch IDに登録すれば、手袋をつけたままでもしっかり指紋認証してくれるようになります。まさかこんなアイテムがあるなんてという商品ですね。


続いて、利用者のレビューです。
ランニング用のポリエステル・ウレタン素材の撥水加工のあるグローブにて使用
しっかりと粘着しており、装着直後に位置調整の為に剥がし貼り直しをしても、取り敢えずは問題はありませんでした。
touch IDの登録も自身の指紋登録と変わらず、認証もスムーズです。
導電性素材を使用した手袋を今までも使用してきましたが、touchIDが使用できない為、毎回パスコード入力をするあとほんの少しの手間が解消され、ランニングの集中力が向上しました。
1シーズン中に複数のグローブを使い分けるので、4枚セットも有り難い。
基本は、手袋1組に一枚だけを貼り付け、touchIDの認証には疑似指紋の親指を使い、貼り付けをしていない人差し指でスマホの操作や入力を行なっています。普段の指の使い方に合わせ、お好みで一枚貼り付ければ十分でした。

ただ、これカップルなどで活用されると解除される可能性もあるので、便宜性と危険性を兼ね備えた便利グッズかもしれないですね。