b2b404d91009f1ca797b73be4f578fc3_s

そろそろ周りではインフルエンザが流行しているという方もいるのではないでしょうか。私の子供の小学校でもインフルエンザで休む学生がでてきているそうなので、蔓延しないように注意が必要ですね。


また、インフルエンザの蔓延を防ぐ為に、マスクは自衛効果は薄いそうですが、まわりに迷惑をかけないという意味では使ったほうがいいですね。


そして、これからの季節に怖いのがインフルエンザです。感染力が強いのでかかってしまうと職場や家族内で蔓延してしまいます。以前の職場でもインフルエンザが流行していましたが、伊藤園 うがい、緑茶を飲むことでインフルエンザ予防効果があるとのことで、普段から飲んだほうがいいかもしれません。


以前も紹介しましたが伊藤園によると、「緑茶を飲む」ことでも予防効果が期待できると発表した。静岡県立大学薬学部(静岡市)との共同研究によって得られた成果であり、このほか、「新型インフルエンザ」の感染抑制にも効果があることを確認したと書かれていました。インフルエンザ効果もあるなんて緑茶の健康効果は素晴らしいですね。


また、その他実験にて、緑茶の中に最も多く含まれる「エピガロカテキンガレート(EGCg)」を使用し、培養細胞に新型インフルエンザウイルス(H1N1型)を用いて評価を実施。その結果、EGCgは、抗インフルエンザ薬で用いられる「アマンタジン」と呼ばれる成分よりも低い濃度で、新型インフルエンザウイルスの感染を抑制したとあり、新型ウイルスにも効果があるそうです。


そして、シーズンなのかこんな記事もあります。

全国で大流行しているインフルエンザ。静岡伝統『お茶うがい』は予防に効くのか?


緑茶がインフルエンザに効果があるのは周知の事実ですが、お茶うがいもいいようです。

「緑茶のカテキンによるウイルス吸着阻止作用は、インフルエンザウイルスの型を問いません。そのため、新型インフルエンザ感染の抑制にも有効なことが、静岡県立大学の鈴木隆教授のグループによって確認されています」(山田教授)

予防効果が期待できるのはうがいだけではないそうです。

「緑茶を飲むことで、肺での作用に加え、感染細胞からのウイルスの放出を抑えて拡散を防ぐことも期待できます。さらに緑茶に含まれるテアニン、ビタミンC、サポニンは、上気道感染に対する抵抗力を高める。つまり、免疫力を増強する作用があります。

また、最近では緑茶成分のストリクチニンにも、インフルエンザウイルスの増殖抑制作用が報告されています。いずれにしても、インフルエンザウイルスの感染を防ぐにはこまめに摂取することを心がけましょう」(山田教授)


今年のインフルエンザ対策に緑茶がおすすめです。また、副次的にその他の健康効果もあるので、普段から飲むといいですね。私は高血圧対策に飲んでいます。