千葉県野田市の10歳女児の虐待を父親が動画撮影と異常行動とっていたことが分かりました。子供がいる親ならこの事件をみるとすごく嫌な気持ちになると思います。子供の元気な動画が流れいますが、今はこの世にはいなのです。


情報元はこちら。

虐待の様子、動画で撮影 父親の記録媒体に保存


記事では、虐待される様子の動画データを県警が発見していたことが8日、捜査関係者への取材でわかったと書かれています。

捜査関係者によると、動画データは父親のXX容疑者(41)が所有していた記録媒体に保存されていた。県警が確認したところ、1月にスマートフォンで撮影された可能性が高いことがわかった。XXさんがXX容疑者とみられる人物から暴行を受ける様子や、ぐったりしている姿などが映っていたという。県警はXX容疑者か母親のXX容疑者(31)が撮影したとみており、映像の解析などを進めている。

何のために動画を撮影しているんでしょうかね・・・。全く意味がわかりません。


外面はよかったとのことで、普段の生活ではその人がDVを行うかどうかはわからないのでしょうね。しかしこの事件、学校なども問題の行動をしていたり、大人の対応が悪いと言われています。


学校が最悪の状態にもっていったとも言えるでしょうね。結果、より状況が悪くなって、、、後、母親もわかれるなどの対応もしたほうがよかったでしょう。DVは完全に病気ですが、その家族内でクローズされてしまうので、外から見つけてあげて助ける仕組みが必要な気がします。


例えば、別れられない理由として生活ができないとかもあるかもしれません。であれば、市が生活保護をするとか、なんとか分かれても生活できる仕組みがいるのではないでしょうか。