ついにくら寿司が本気を出しました。くら寿司がバカッター動画おツイッターにアップした従業員に法的措置確定したそうです。


本人は恐怖以外の何物でもないでしょう。情報元はこちら。

くら寿司、不適切動画の従業員2人に法的措置


記事によると、回転ずし大手のくらコーポレーションは8日、運営する「くら寿司」の男性アルバイトが店内で不適切な動画を撮影し、インターネット上に投稿した件で、同従業員に対し刑事および民事での法的措置の準備に入ったことを公式ホームページで発表したとのこと。ついにきました。

同社は、不適切動画に関与した従業員2人について「2月8日をもって雇用契約を終了し、退職処分としたと同時に、刑事、民事での法的処置の準備に入った」と報告した。

その理由について、「1、このような状況の中、ご来店いただき温かいお言葉をかけてくださるお客様、株主様、お取引先様に対し上場企業としての責任を果たし、全国で共に働く約3万3000人の従業員の信用回復のため。2、多発する飲食店での不適切行動とその様子を撮影したSNSの投稿に対し、当社が一石を投じ、全国で起こる同様の事件の再発防止につなげ、抑止力とするため」と説明した。

動画は大阪府守口市の店舗で撮影され、アルバイト店員が食材の魚をごみ箱に捨てた後、ふざけてまな板に載せようとする姿が写っている。同社によると、問題の魚はその場で廃棄処分されており、客には提供されていないことを確認したという。

問題の魚はその場で廃棄処分されており、客には提供されていないとは言え、もう過去には戻れません。別の記事でも書きましたが、27億円の損失、そして、こういった動画アップは最低でも数百万円は覚悟しなくてはならないでしょう。


4桁いったら破産ですね・・・。「多発する飲食店での不適切行動とその様子を撮影したSNSの投稿に対し、当社が一石を投じ、全国で起こる同様の事件の再発防止につなげ、抑止力とするため」という部分にくら寿司の本気を感じますね。これはとんでもないことになります。


私も気になるので今後もウオッチしていきます。