学校が始まると色んなものを用意しなければならないですが、学校指定のものが多いと思いますが、学校指定でないものが安くてお得と評判になっているのが、ヤマハのピアニカです。


家電雑誌に紹介されていたのですが、「ヤマハ YAMAHA PIANICA ピアニカ 32鍵 ブルー P-32E」がアマゾンで安く購入できて、学校指定のものよりも1000円近く安く買えるそうです。


続いて商品説明です。

●老舗メーカー「ヤマハ」が手掛ける鍵盤ハーモニカ
「ヤマハ」 は、1887年創業、楽器をはじめ半導体やスポーツ用品、自動車部品製造を手がける日本の老舗メーカーです。ヤマハの鍵盤ハーモニカ「ピアニカ」は、1961年から製造、販売を行っており、また、「ピアニカ」という呼び名は、東海楽器製造とヤマハの両社で商標登録を行っています。

ピアニカは、音が出しやすく、音階を学習するのに適している事から、「身近な楽器」として小学生の音楽の授業で導入されており、教育の場を通して現在も数多くの子供達に親しまれています。

●30年ぶりにモデルチェンジしたP-32E
長年教育の現場で愛されてきたヤマハのピアニカですが、2014年に30年ぶりに新しくモデルチェンジを行っています(新モデルの型番 「P-32E」と「P-32EP」)。音質を損なわずにし、50gの軽量に成功したほか、演奏用のパイプの長さを調整できるよう改良したことにより、鍵盤を見ながら演奏が出来るようになりました。 子どもや指導者、保護者の声を取り入れ、演奏のしやすさ、衛生面や持ちやすさ等も考慮し、より親しみやすく生まれ変わっています。


レビューの評価も高いです。

「上の子はすごく安い鍵盤を買ってしまって後悔したので、下の子にはヤマハを買いました。やっぱり音が全然違います。上の子にもそれが分かったようで、自分のは変な音だと言っています。学校で買うより1,400円も安く買えました。ありがたいです!
上の子も買い換えるつもりです。ありがとうございました。」

なんと1400円も安く購入できたそうです。兄弟がいたら合わせてさらに安く買えますね。ただ、日本の学校って個性より同調を求めますからね。。。


みんなと同じものでなくてもいいというケースはネットで買ったほうがお得ですね。

本体サイズ(幅×高さ×奥行き):425×49×96(mm) 重量:600g(ケースは含まない)
子どもたちの使い勝手を追求した新しいデザインで、さわやかなブルーのカラーを採用したモデルです。
音域:f~c'''/ 鍵盤数:32鍵
子どもに「やさしい」新しいピアニカ
ケースを開いているときは、楽譜を置くことができます。
楽器本体と同系色のプラスチック製ハードケースは、中空二重ブロー成型を採用し、耐久性に優れ楽器をしっかり守ります。