私は節約の為にインスタントラーメンを食べることがあるのですが、若者のインスタントラーメンの袋麺離れが進んでいるそうです。個人的には、野菜などのトッピングができておすすめなんですけどね。


情報元はこちら。

若者の「袋麺離れ」が顕著 メーカーは販売減食い止めに必死


記事では、市場調査会社の富士経済によると、「カップ麺」は新ブランドの相次ぐ発売や、災害の備蓄需要などの要因も重なり2014年から右肩上がりの販売量(2017年は37億500万食)を記録しているのに対し、「袋入り」のインスタント麺は4年連続で前年を下回り、16億6770万食(2017年)とカップ麺の半分以下の販売量に落ち込んでいる書かれています。



その理由がこちらです。
「カップ麺はいつでもどこでもお湯を注ぐだけですぐに食べられる簡便性がある一方で、袋麺はどうしても麺を茹でたり鍋や器を用意したりと調理に時間と手間がかかります。そのため、特に若い人たちは不便さを感じて、袋麺からカップ麺へのシフトが年々進んでいるのです」(富士経済・東京マーケティング本部主任研究員の木下聡氏)

確かに手間はありますが、野菜とかトッピングができて栄養バランスがよくなるので、カップ麺よりおすすめです。


そして、以前も紹介しましたが、「徳島製粉 金ちゃんラーメン」のレシピです。金ちゃんラーメンは昔から好きなインスタントラーメンの一つです。
PIC_20190121_193147

【商品紹介】
当社自信作のロングラン商品。昔から変わらぬ味と製法で老若男女問わず多くの方々より愛されております。麺は粘りとコシがしっかりした、食べごたえのある太麺です。スープはあっさりした飽きの来ないしょうゆ味で、何度も食べたくなる味に仕上げてあります。お鍋で調理して頂くので、冷蔵庫の中にあるあり合せのねぎ、もやし、にんじん等の野菜を加えて頂ければ、栄養のバランスがよく、更に美味しく召し上がっていただけます。
PIC_20190121_193157


今回は、冷蔵庫にあったあまりものの豚肉、もやし、白菜、ニラを使いました。これだけで栄養バランスがぐんとよくなります。
PIC_20190121_204231


野菜は一緒にゆでると楽ですが、味的には別で炒めたほうが美味しいです。豚肉を先に入れて、さっと炒めます。
PIC_20190121_204342


洗い物が増えるのが嫌なので、アルミホイルを敷いて移動しました。味付けは軽く塩コショウです。これだけで美味しそう。
PIC_20190121_204435


手間にならないように同じフライパンで作ります。
PIC_20190121_204537


できたラーメンに炒めた具材を移動したら完成です!
PIC_20190121_204915


久しぶりに食べた感想ですが、こんなに美味しかった?という印象。インスタントラーメンなので、お店のクオリティは出せないですが、スープの味はいいですね。実はこれ100円以下だったので、野菜とかあまりものなので、実質100円ちょっとで済むと思います。
PIC_20190121_205110


卵を入れると味がマイルドになるのでさらに美味しくなります。


どうですか?ひと手間入れるだけでインスタントラーメンが豪華になりますし、何より冷蔵庫のあまりものを使うと節約にもなります。袋めんは工夫ができておすすめです。