212883effe623477dfab35a0622db720_s

どの業種にも言える事ですが、どこで働くかってすごく重要です。同じ業種でも給料や福利厚生が変わることもありますし、人間関係だって変わることがあります。どれを重要視するかで変わってくることになりますが、今回は、薬剤師の転職について紹介したいと思います。


今や、転職サービスが充実しているので、転職自体が以前より容易になっています。その為、気軽に転職ができますが、ただし、何の情報も集めないまま転職をするのはリスクになります。


私もこれまで転職を何度も経験していますが、成功した転職もあれば、失敗した転職もあります。私は職場の人間関係がいい現場が一番重要視しているので、それを軽視した場合は、やはり失敗することがありました。


転職は生活にかかわる重要なポイントなので、じっくりと時間をかけて転職先を調べておくことも重要です。ちなみに薬剤師は転職を多くすることで知られていますが、なるべく早い段階で自分が働きやすい職場を見つけることで、長く安定して仕事をすることができます。


薬剤師が転職に失敗しないためには、他の職種と同様に条件を明確にする必要があります。


例えば、お金をなるべく多く稼ぎたいのか、時間や家族を優先させたいとか、地方ではなく都心で働きたいとか、大きいところで働きたいとか。


これが決まらないとなんとなくで決めてしまい、結果、その転職が運任せになってしまいます。例えば、これも状況によって変わってくると思います。若い時は色々と経験したいので、地方ではなく、東京で仕事をしてみたいという方もいるかもしれませんし、また、給料を上げたい場合は、地方が有利の可能性もあります。


調べてびっくりしますが、薬剤師の年収は東京よりも地方の方が高くなることがあるそうです。例えばある年の大阪と福岡では平均年収に100万円以上の開きがあったそうです。月収にすると10万円近くの差になり、給与面を重視する人からすると、重要な情報ではないかと思います。


ちなみに、薬剤師の仕事は比較的平均年収が高い為、これから目指すのもおすすめの業種の一つですね。


また、厚生労働省の発表によると、薬剤師の平均給与は約38万円ほどになり、年収平均額は、ボーナス込みで約550万円とされています。平均年齢は38.6歳で考えれば、一般サラリーマンやOLに比べて収入は比較的高めといえるのではないでしょうか。


国税庁による「平成 26 年分民間給与実態統計調査」においても、40代前半では約457万円とあり、間違いなく稼げる仕事ですよね。また、女性の就業率が高いのも特徴の一つです。


業種によってこういった違いなども生まれるので、やはり、情報収集は欠かせません。逆に地方出身の方は、地方のほうが安定した給料が稼げるようになれば、地元で活躍できるチャンスになるので、うれしいことですね。


私もそうですが、それなりに転職をしていて、やはり口コミは大事にしています。私は仕事柄派遣という形で仕事をしてきた経験が長いので、様々な大手企業に入って仕事をさせてもらって感じるのは、同じ業種でも、職場によって働きやすさが大きく異なるということです。


外から見たら魅力的な職場でも、実際に入って仕事をしてみたら信じられないくらい人間関係が破綻していて、ただのブラック組織ということもありました。私の経験では、ブラックは会社全体が生むこともありますが、組織単位で発生することも多くあります。

薬剤師の失敗しない転職には現場の生の声、口コミが参考になる



その為、転職する際には実際にその現場で働いていたリアルな声を参考にするといいと思います。そこで、これから転職活動を考えているという薬剤師の方に、現場のリアルな声、口コミが確認できる便利なサイトがあるので紹介します。


こちら「薬局求人の窓口」です。


こちらのサイトは無料で登録することができ、登録後、専門コンサルタントにて丁寧な転職サポートをしてくれます。


また、口コミも閲覧できるので、気になる求人から情報を探すなんてこともできます。こういった口コミサイトの利用が増え、リアルな声が増えると、世の中に適切な情報が提供できるようになります。


私も転職する際には口コミサイトを利用しています。先ほども書いたように私も様々な現場で働いた経験から外からは決してわからない情報が口コミには書かれていますので、転職する際の参考にさせてもらっています。


また、何度もいうようですが、転職条件だけはしっかりと提示したほうがスムーズに進むので、どうして今の職場を変えたいのかを明確にしておいたほうがいいですね。私は数年前に東京から地方に移住しましたが、やはり家族の事を考えて実家の近くに住みたいという想いがあり、結果、地方にUターン転職してよかったと思っています。


給料は少し下がることはわかっていましたので、結果的に転職に成功したと言えます。薬剤師の場合は、地方の人材不足のおかげで地方のほうが稼ぎやすいという状況になっていますので、地方のほうが給与面で有利になることがあります。


現在、転職を考えている方は、まずは自分が転職先に求める条件を明確にし、今回紹介したような口コミが参考になるサイトを「薬局求人の窓口」を参考にしてみることをおすすめします。結果、自分が求める職場に出あえたら幸せですからね。