以前、長女が幼稚園からピーマンの鉢植えを持って帰ってきて、幼稚園で大事に育てていたんですが、夏休みのタイミングでお水をあげないといけないので、自宅に持って帰ってきました。


そして、長期の休暇を利用して私以外は実家に遊びに行ったんですが、いざ困ったのが水やりです。普段は毎日の水やりを子供がやっていたんですが、私がやることに。私はマメな人間ではないので、たまに忘れることも。観葉植物が好きな人なら楽しいのでしょうけど、かなりの苦痛でした。


私の母は観葉植物が好きなので、自宅にたくさん鉢植えがありました。好きな人にはたまらないのだと思いますが、植物って長期的に留守にする場合の水やりって困りますよね。


そこで、長期間の留守中に観葉植物の水やりも安心のドリップ散水システムが便利なので紹介します。こちら「ドリップ散水システム 自動 散水タイマー 散水ノズル 10個盆栽散水可能 点滴灌漑 - Namotu 自動給水システム タイマー装置 電池式 ガーデン 花植木鉢 ガーデニング 盆栽 庭園 (10mホース付き)」です。
61PlU5RB0fL._SL1500_


【自動給水設定】
左ダイヤルで給水間隔を選択し、右ダイヤルの給水継続時間を選択します。 散水間隔:最短:12時間、最長:15日間、連続散水時間:1~180秒 庭園植木やお花の散水に最適な水量を調整が可能です。

【配線不要&安全】
給電方式:4つAAA電池(良い電池ご使用ください)。電池式の散水タイマーです。配線不要です、ガーデンに使うと電源の問題もありません。9v の電池を使用して、弱い力のオフ機能を有することに加えて、直接バッテリーを取り外すと、マシンが突然完全に電源オフ、この時間は、マニュアルまたは時間の状態でマシンを、マシン内の残りの電力はまだ自動的に閉じることができます安全を確保するための バルブ。

【用途】
オフィス、ベランダ、庭園などに適用します。蛇口がない場所で使用可能です。自動に水やりできます。伝統的な散水ノズルより、このシステムは直接に植物の根まで水やりでき、植物はよりやすく水を吸収します。同じ10盆栽を散水できます。

【水やりが楽になる】
システムを設置できれば、簡単に水やりできます。 蛇口ない場合にも対応で、ペットボトルにも直接取り付けできます。水やり間隔、水やり時間を制御できます。留守中、旅行、お忙しい時、長い旅や出張の場合、お宅の植物に水をやることできます。自動的に植物に適量な水分を補給します。どんなに忙しくても、ご心配なく便利で日常生活のヘルパーです。


こちらよく読む家電雑誌で紹介されていた便利アイテムで、こちら外出前に水やりの間隔を設定しておくだけで指定の時間に自動的に水を吸い上げ、散水してくれるという優れものです。急な旅行や出張などにも安心できます。


続いて参考になるレビューの抜粋です。

ホースは10M付いてるので余裕で10個共繋げて散水出来そうです。私は多くの鉢植えの植物に同じ水を与えました、そしてそれは私が思ったより使いやすかったです。仕事が忙しい時でも安心です。

植物が好きで自宅にあるという方で、外出が困っているというときにあると便利なアイテムでした。