日本にいるとあまり海外のビールを飲む機会がないかもしれませんが、いつもと違う味を楽しみたい場合は、海外のビールがいいかもしれません。


ビールの苦みが苦手という方に、フルーティーで飲みやすいと評判のヒューガルデン ベルギーのホワイトビールがAmazonのタイムセールでお得に買えるので、まだ飲んだことがない方も、普段から利用している方にもおすすめです。
amazonbeer


商品紹介

・【世界のホワイトビール】:
世界各地で愛されているホワイトビールといえば、このヒューガルデン ホワイトです。小麦を使った淡いイエローのビールは、飲みやすくて、爽やかで、フルーティ。初めて飲むベルギービールとしてもおすすめです。

・【小麦から生まれた、ホワイトビール】:
大麦麦芽に小麦を加えてつくるのがホワイトビール。ヒューガルデン ホワイトは、そこにコリアンダーシードとオレンジピールを加えます。さらに生きた酵母を瓶内にいれる瓶内二次発酵によって、他にはないおいしさが醸し出されます。

・【ビール、なのに、フルーティ】:
初めて飲まれた方は驚かれるかもしれません。淡いイエローの色合いに、ビールとは思えないフルーティなおいしさ。かすかに感じさせるスパイシーさを持ち、誰にでも飲みやすい爽やかな味わいが特長。料理と合わせるときには、辛口の白ワインのようなイメージで楽しむこともできます。

・【理想の注ぎ方】:
1グラスを冷水ですすぎ、2まず2/3を注ぐ、3びんを回し沈んだ酵母をまぜ、4残りを注ぎいれる ・日常買いはもちろん、自分へのご褒美、母の日、父の日、お歳暮、お中元、誕生日のギフトにも。
原材料・成分
麦芽・ホップ・小麦・糖類・コリアンダーシード・オレンジピール


ちなみにビールって注ぎ方一つで苦みが変わってくるそうです。理想の注ぎ方に従って飲むとさらに美味しいく感じられるかもしれません。


まだ飲んだことがない方に、参考になるレビューの抜粋です。

おほん、日本のビール文化の原点は「ビールとは喉越しや苦味を楽しむ男の飲み物」という高度成長期の思想があるように思えてならない。実際、これまで日常的に手に入るビールはほとんどがそのような嗜好にそったものであった。そういうわけで本商品のような伝統あるビールであってさえも、その風味のせいで日本では表立って流行してこなかったのではないだろうか。ところが最近のクラフトビールのブームでフルーティさも評価・注目されるようになった昨今、ベルジャンビールに火がつく日も近いのではと私は考えている。酔っ払いらしく偉そうに語ってみたが、とにかくブラックペッパーをかけたサーモンのフライをタルタルソースにつけてほおぼり、ヒューガルデンを飲む!至高の時間ですね。

確かに日本のビールはのどごしを重きにおいているかもしれないですね。これからビールが美味しい季節になりますので、まだ飲んだことがない方は是非。

※アマゾンでの購入はこちらから
ヒューガルデン ホワイト 缶 [ ベルギー 330ml×12本 ]