ヤマダ電機のインターネット通販サイトが不正アクセスでクレジットカード情報流出という情報が流れています。大手企業のクレジットカードの情報流出はかなりのイメージダウンになるのもそうですが、被害者が多くなるのもあるので、登録した記憶がある人は注意が必要です。


情報元はこちら。
ヤマダ電機、カード情報流出か 通販サイト、3万件


以下は抜粋。

ヤマダ電機は29日、同社のインターネット通販サイトが不正アクセスを受け、クレジットカード番号など最大3万7832件の情報が流出した恐れがあると発表した。一部のカードは不正利用された可能性がある。ヤマダ電機は氏名や住所などの情報流出はないと説明している。22日に警察に被害届を提出した。

 「ヤマダウェブコム」と「ヤマダモール」の一部ページが改ざんされ、3月18日~4月26日に新規クレジットカード登録やカードの変更手続きをした人のカード番号、有効期限などが抜き取られた恐れがあるという。

私は確かに利用したことはあるのですが、6年以上前なので、間違いなく失効しているので問題ないですが、最近、ヤマダ電機のインターネットサイトを利用したという方は、不正利用がないかチェックしたほうがいいですね。


やはり、最近はこういった攻撃が増えているので、大手企業で公開サイトを運営している場合は、セキュリティ対策は重要になりますね。