PayPayの100億円還元のキャンペーンが終わって、PayPayを使うようになるかと思ったら、他のサービスがお得なので、実は分散して使っています。


PayPayから始まったキャッシュレス決済のキャンペーンのおかげで、すごいポイントが貯まっています。もう、テンションがとても高いです。


定期的にやってもらいたいのですが、すでにPayPayで2万円近くのポイントが貯まっていますし、なんと、最近始めたLinePayでお得に稼げてしまいました。


まずはLINE Payのキャンペーンの紹介です。LINE PayのPayトクキャンペーン 20%還元です。今回は期間が短いので利用に注意です。
pay


公式サイトからの情報抜粋です。


LINE Payでおトクにお買い物
LINE Payを使うと、いつものお店のお買い物から最大5,000円相当を還元♪
「総額300億円祭」でもらった1,000円相当のLINE Payボーナスでのお支払いも還元の対象になります。


LINE Payアプリで上限が増えるのでおすすめです。私はインストールしています。

LINE Payアプリでさらにおトクに
期間中に一回でもLINE Payアプリでお買い物いただくと、最大10,000円分が還元されます!


この「Payトク!!!」キャンペーンは6月1日(土)からスタートしており、6月9日(日)23時59分までの9日間の間に、LINE Payで支払うと全員に決済額の15%のLINE Payボーナスが後日還元されるとうものです。


さらにコード支払いで3%、マイカラー別のポイント付与(0.5%~2%)を加味すると最大20%が還元されるキャンペーンとなっています。ただし、還元される15%分のLINE Payボーナスは一人当たり5000円相当までという上限が設けられていますが、アプリを使う事で上限がアップします。


あまりにお得なので、今週に入ってからは、LINE Payでしか支払いをしていません。


そして、中々使う機会がないという方向けに、確実に5000円くらい稼げる方法があります。過去記事からの抜粋です。今のうちに稼いでください、というかやばいですよ。

チャージタイプ Amazonギフト券ならLINE Payの20%還元対象でお得です



ネットでアマゾンギフト券を購入してLINE Payで20%還元をうけられるかというのを調べたらコンビニなどで買う「Amazonギフト券」は20%還元対象外という内容があったのですが、確かに規約を見ると金券などは対象外と書かれています。

キャンペーン対象外について
お酒・タバコ・書籍・チケット(LINE TICKETは除く)・金券などの一部商品、処方箋薬品、保険診療、介護施設、動物病院、神社仏閣、役所・役場、海外の店舗、月額制サービス、税金の請求書支払い、その他当社が対象外とした加盟店や一部商品および決済はキャン
ペーン対象外になる場合や、LINE Payでのお支払いができない場合がございます。

おそらく現金化できてしまうのがダメなんだと思いますが、実は、チャージタイプ Amazonギフト券ならLINE Payの20%還元対象と知り合いに教えてもらいました。


では、アマゾンギフト券ではなく、「チャージタイプ Amazonギフト券」とは何ぞや?ということにないますので、さっそく公式サイトをチェック。

 ⇒チャージタイプ Amazonギフト券の購入はこちら



現金チャージする度、ポイントが貯まる
プライム会員なら最大2.5% 通常会員なら2.0% 
クレジットカードを使わずAmazonでお買い物ができ、チャージするごとにポイントも貯まる。 
現金払いでお買い物するならAmazonチャージがお得。

有効期限は発行から10年
有効期限が1年から10年に変わりました。有効期限に余裕ができ、まとめてチャージがしやすくなりました。

お支払が完了すると自動でアカウント登録
ギフト券番号をアカウントに登録する手間が不要。支払完了後に自動でアカウント登録。ご自分用におすすめ。

スマホで注文、コンビニで支払うだけで利用可能に
スマホで注文、コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いでお支払できるようになりました。コンビニ払いの場合、最大70分で利用可能に。ギフト券番号の登録は不要。

Amazon内のお財布として予算・家計管理に
Amazonでの使いすぎ防止や、一定期間に使う額を設定し予算・家計管理に。毎月少しずつ貯めて大きなお買い物の準備にも。

クレジットカード明細がすっきり、利用合計金額の把握の難しさを解消
ギフト券を一定額購入してチャージしておけば、クレジットカードの明細がまとまり利用金額の把握が容易に。購入頻度が高い方は特に、決済回数が多くなると結局いくら使ったのかわからず、利用合計を把握しづらかった問題をギフト券を使うことで解決。※Kindle・デジタルコンテンツのご利用が多い方におすすめ

リアルタイムに利用金額の確認可能
クレジットカードで直接支払うと、カード利用から請求までのタイムラグでいくら使ったのかわからなくなってしまうこともしばしば。Amazonギフト券を利用すれば残高・利用履歴でリアルタイムに利用金額の確認が可能に。

すべてのAmazonマーケットプレイスの商品がギフト券利用で、コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー・携帯決済が可能に
コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いを利用できない商品もAmazonギフト券をコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いで支払いアカウントに登録しておけばこれまでクレジットカードでしか買えなかった商品も現金で購入可能に。


現金チャージする度、ポイントが貯まるのがお得です。これ普段利用からこれを使ったほうがいいかもしれないですね。アマゾンはわりとよく使うので、こんなお得な使い方があるなんて知りませんでした。クレジットカードを使わずAmazonでお買い物ができ、チャージするごとにポイントも貯まるということで、クレジットカードが使えない学生さんにもおすすめ。

LINE Payでチャージタイプ Amazonギフト券を購入する方法



ではでは、どうやってLINE Payで支払うのかということですが、これも知人に教えてもらって、LINE Payを開いて「バーチャルカード」を発行すればいいとのことです。これは仮想のクレジットカードのようなものだそうです。


私は、セブンイレブンでLINE Payを使うために、QUIC Payの設定をしていたので、すでに発行されていました。赤枠部分です。本当なら、ここに「バーチャルカードをすぐに発行」と表示されます。
Screenshot_20190326-053538


使い慣れないと分かりにくいですが、この画面にいくには、画面上部のアイコンの一番右をタップすると「ウォレット」に移動できます。人のアイコンの端ですね。そして、人型アイコンのすぐ下の「LINE Pay」と金額が書かれたあたりをタップすると上の画面になります。


手順はとても簡単です。数回タップするだけで発行できます。※私はクイックペイで発行してしまったので、画面なしの手順紹介になります。


【LINE Payでバーチャルカードを発行する手順】
①上の画面で「バーチャルカードをすぐに発行」をタップします

②「バーチャルカードを発行」をタップします。

③簡単に発行できて、すぐにバーチャルカードが発行され、カード番号・有効期限・セキュリティコード(CVC)が表示されます。


そして、後は、LINE Payにお金をチャージして、チャージタイプ Amazonギフト券を購入するだけですね。


購入ページから以下の画面になりますので、5000円、20000円、もしくは好きな金額を入れて「次へ」をクリックします。
amazon

そして画面をスクロールして、クレジットカードを登録します。「カードを追加」をクリック。

amazon2


ここに先ほど作成したバーチャルカードの情報を登録します。カード名義人は「LINE MEMBER」ではなく、自分の名前を入れたほうがいいとのことです。「HANAKO YAMADA」とかですね。
amazon3



とこれだけで上限の5000円分の還元を受けることができます。実際に、前回のキャンペーン分が妻のアカウントにポイントが入っていたので、戻ってくるのは確認済みです。私は普段利用で使って、妻はアマゾンで「チャージタイプ Amazonギフト券」を買って、そこから日用品などを買うようにします。


ということでこれは利用しない手はないので、私も家族も含めて使います。私と妻で合わせて1万円以上お得というのがやばすぎです。こんなお得な機会はめったにないので、是非、活用してみてください。

 ⇒チャージタイプ Amazonギフト券の購入はこちら