802fba9ec3875ebae6e009c2b644cae4_s


Windows10 1809 PCのシャットダウンやスリープにやたらと時間がかかるUSB Type-Cデバイスが原因ではないかというネットニュースの記事を発見しました。


記事では、先ごろWindows 10 Version 1809に、トラブルシューティングや問題解決のための自動ツールが新しく追加されました。しかし同時に、結構な数のバグも発生したとのことで、最新の(そして、よりいっそうイライラさせられる)奇行のひとつが、「PCのシャットダウンやスリープにやたらと時間がかかる」問題が紹介されています。



バグの原因
このバグの原因は、USB Type-Cデバイスのすべての接続を処理する「Type-C Connector System Software Interface(USCI)」です。

Windows 10 version 1809のUSCIの場合、PCのシャットダウン時、あるいはスリープモード突入時には、接続切断の処理に最長で60秒ほど余分に時間がかかるようです。

たしかにイライラさせられますが、デメリットといえば、少し余分に待たされることぐらいです。シャットダウンやスリープに時間がかかるからといって、USBデバイスに不具合が生じることはないようです。

ノロノロを回避する方法
Microsoftはこのバグの存在を認めていますが、それを修正するためのアップデートやホットフィックスをまだリリースしていません。

ですが、このノロノロを回避するための簡単な方法があります。PCをシャットダウンする、あるいはスリープモードにする前に、USB Type-Cデバイスを切断するのです。

USB Type-Cがどのようなものなのかよくわからないという方は、ケーブルに下の画像のようなコネクターが1つ(あるいは複数)ついているかどうかを確認してみてください。

最近発売されたAndroidスマホやタブレット、ノートパソコン。Google Pixel全機種、 Chromebook PixelなどNintendo Switch最近発売されたMacBookファミリー一部の外付けHDDやSSD
ほとんどのUSB Type-Cデバイスは、単に充電するためにPCに接続されます。その場合は、取り外しても何ら問題はないでしょう。

一部のデバイス(Android端末や外付けドライブなど)については、PCとデータや映像・音声などをやりとりしている場合もあります。なので、今、何か重要な作業を行なっていないことを確かめてから、接続を切断するようにしましょう。簡単なことですが、何らかの理由で急いでPCをシャットダウンしなければならない時には、つい忘れてしまいがちです(忘れてしまった時は、腹をくくって60秒余分に待ちましょう)。
https://news.livedoor.com/article/detail/16760224/

Microsoftはこのバグの存在を認めていますが、それを修正するためのアップデートやホットフィックスをまだリリースしていませんとのこと。ただ、実害があるかというと、私の場合は、USB充電器をコンセントに挿して使っているので全く無影響です。


むしろパソコンにつないで使っている人のほうが少数かもしれまん。会社なんかは特にパソコンにつなげるのを禁止していることが多いですからね。ということであんまり重要視されていないのかもしれません。自宅で使っていて遅いと不便を感じている方がいたら、USB充電器に切り替えるのも一つですね。

RAVPower USB 充電器 [4ポート/40W/折り畳み式プラグ/急速充電] AC アダプター iPhone/iPad/Android その他のUSB機器対応 RP-PC026 ホワイト