若者よ、選挙に行くなと題した動画が物議になっているそうです。政治に期待してないけど山本太郎さんは期待したいと感じています。


記事によると、「若者よ、選挙に行くな」と題した動画が物議を醸しているそうで、7月21日投開票の参議院選挙を前に、「お笑いジャーナリスト」のたかまつなな(26)が投稿した動画だだそうです。動画では中高年と思しき男女3人が「年金が破綻する? 関係ないわ。だって私は貰えているもん」「教育予算が減っている? その分、医療費に回してもらえるからありがたいよ」などとカメラに向かって言うという内容です。

さらに「年金を払いたくない。残業は嫌だ。給料が下がった。匿名でよくつぶやいているね」「でもあなたたちは選挙にはいかない」「だから私たちが政治を動かしているの」と代わる代わる若者を煽り、「あなたたち若者は存在しない人」「私たちは選挙に行く」「これでも、あなたは選挙に行きませんか」と言い放っています。動画を観るとかなりイライラする人が多いのではないでしょうか。




この動画は7月15日時点で280万回以上再生され、Twitter上では《良い煽りだ》《これを観て、選挙にいこう!!》といった反響も。

一方で、厳しい批判の声も寄せられている。

タレントの麻木久仁子(56)は《若い人々に投票に行ってもらいたいからといって、あれはない。弊害の方が大きいですよ。偽りの対立軸に惑わされてどうするんだ》《妙な動画をありがたがって、何か良くなるというのかアタシにはわからん》とツイート。

若者論研究を専門とする評論家・後藤和智氏(34)は《何度でも言うが、件の動画は、政治を選挙に、選挙を世代間闘争に隷属させる極めて悪質な煽動でしかないの》と厳しく批判。《高齢者医療と教育はトレードオフではない! 高齢者の便益と若者の便益はトレードオフではない!》と呼びかけている。

世代間対立を煽る側面もある「若者よ、選挙に行くな」動画には、実際に以下のような皮肉めいた反論も。

《正しくは、『年寄りよ、選挙に行くな!』かと》
《年寄りよ、選挙に行くな 年金で買ったお酒飲んで寝ていてくれ! 未来は未来のある若者にお任せ下さい!》

政府統計によれば、’19年1月時点で65歳以上の人口は3562万人。50歳~64歳までを含めると5928万人になる。一方で18歳~29歳の人口は1500万人に満たない。

若者が選挙に行かない理由について《圧倒的に年寄りが多いから 若者が選挙に行ったって勝ち目ないのがわかってるからじゃない?》と、動画に疑問を呈するツイートも見られた。
https://news.livedoor.com/article/detail/16776433/

選挙に行く、行かないが大切なのかと言ってしまいますよね。なにしろ公約も守れないわけですから。ただ、政治もそろそろ本気で動かなければならない時代になっていて、山本太郎さんは期待したいですね。この人は本当に熱いです。




最近この人見ないなと思ったらめちゃくちゃ熱い政治家になっていました。元モー娘。とかがでている場合ではないですよね・・・。何回裏切られたことか。