本格的に熱くなってきましたね~。夏真っ盛りです。私は自転車通勤をしているのでとにかく毎日が地獄です。ということで今年はついにクーラーを購入してしまいました。これまでは扇風機だけでしのいでいましたが、さすがに限界。


エアコンは電気代がかかるので節約には昔から扇風機との併用がいいと言われますが、扇風機の後ろに保冷剤でかなり涼しくなる!気化熱で水分蒸発で熱を奪うアイデアが参考になりますので紹介します。


記事によると、扇風機にあるものを取り付けることでより涼しくなるという方法がTwitterで話題になっているとのことです。

 投稿者の下剋くんさんは28日、「扇風機に保冷剤を付けるだけで……涼しさが確実に強化されます……保冷剤と100均のカゴさえあれば....誰でもできます…むしろ…なぜ初めから付いてないのか…」と、扇風機に保冷剤が入ったカゴを取り付けた写真を投稿。すると、リツイートは9万件超、いいねも約23万件と大きな反響を呼んでいる。

なお、下剋くんさんは「実際は後ろに付けた方が効果が高いようです。あと扇風機は電気製品ですので水濡れ対策のタオルも設置して下さい」と補足している。

 とはいえ、「保冷剤付き扇風機」は本当に効果があるのか? 家電ライターのたろっささんに聞いてみたところ「効果あります!保冷剤がとけて水分が蒸発する際に、空気中の“熱”が冷却され涼しくなります」とのこと。また、保冷剤を前後どちらに置くと効果があるかについては「扇風機は空気を後ろ側から集めて前方に拡散するので、『後ろ』に保冷剤を置くと効果的」と指摘した。


 では、扇風機を使ってさらに冷やす方法はないのか。体当たり家電ライターの藤山哲人さんに聞いたところ、「扇風機の面いっぱいに保冷剤をつければ空気と接触する面がそれだけ増えることになるので、最強に涼しい風が得られますよ」と推奨。(1)段ボールなどで扇風機と同じサイズの筒を作る、(2)その内側に保冷剤を貼り付ける、と方法を解説してくれた。しかし、番組で試したところ扇風機の大きさや保冷剤の数で左右されそうなことも判明。興味が湧いた方は試してみてはいかがだろうか。
https://news.livedoor.com/article/detail/16859129/

Twitterでは早速試した人もいてこんなコメントがあったそうです。

「かなり涼しくなりますね」
「保冷剤の滴だけガードしなきゃですね」
「エアコンが壊れて死にそうだったので早速実践してま~す」
「エアコン苦手だからすっごく助かってます!」
「今年も暑そうだし『保冷剤』欠かせなくなった」


確かにエアコンが苦手という方にもいいかもしれませんね。保冷材も小さめのサイズのものが使いやすいかもですね。

ロゴス(LOGOS) 保冷剤 アイスポケット200 ソフトタイプ アウトドア・お弁当に



商品の説明
●氷点下パックのLOGOSが贈る0℃型パック
●柔らかく柔軟なソフトタイプ(凍結すると硬くなる)