b2b404d91009f1ca797b73be4f578fc3_s

老化の原因 糖化(AGE 悪玉物質)を抑える方法、専門家に聞く仕組みと対策が参考になるのでシェアします。女性の場合は、普段から美容などで少しでも若く見られたいと考えている方が、特に年齢を重ねると増えてくると思います。若い時はそれほど考えないかもしれませんが、30代を超えると肌に老化が見えてくるようになります。


本当は20代からしっかりとケアするのが大切ですが、今回はその中でも老化の原因となる糖化についての対応策が紹介されています。


老化の要因の一つに、体内の「糖化」があると聞きました。糖化の仕組みと、老化を遅らせるための対策を教えてくださいという内容で紹介されています。

 猫の小町と申します。皆さんがお困りのことをたちまち解決していきます。

 糖化が起こると「AGE(終末糖化産物)」という悪玉物質が増え、それが老化につながるそうです。AGE研究の第一人者として知られる昭和大医学部教授の山岸昌一さん(糖尿病)に話を聞きました。山岸さんは、久留米大で客員教授も務めています。

 糖化とは、タンパク質が糖と結びつき、熱で変性する現象のことです。例えば、こんがり焼けたホットケーキ。あのきつね色は、卵と牛乳の「タンパク質」、小麦粉と砂糖の「糖」が混ざり、焼かれたことで糖化が起こった状態です。「人間の体はタンパク質でできているので、体内でも糖化は起こります」と山岸さん。血液中の糖(血糖値)が高い状態が長く続くと糖化は進みます。最終的に、体内のタンパク質は糖まみれになって劣化しAGEに変わってしまうそうです。

 「AGEは茶褐色の物質で、まさに体の『焦げ』。体のあちこちにたまって悪さをします」。皮膚に蓄積されるとしみやしわ、たるみの原因に。血管では動脈硬化を引き起こし、骨では骨粗しょう症、目の水晶体では白内障のリスクを高めます。不妊や認知症、がんとも関係があることが報告されています。

 山岸さんは「AGEの値が高い人は、実年齢より老けて見えるだけでなく、体の中が老化していて、さまざまな病気のリスクが高い」と指摘します。厄介なことに、AGEは一度体内で作られるとなかなか分解されません。「作らない」「ためない」生活習慣が大切です。

 AGEは食べ物からも体に取り込まれるので、まずは多く含んだ食品を控えます。サラダや刺し身など生ものには少なく、豚カツやステーキなど油を使って高温調理したものには多いそうです。鶏肉の場合、水炊きのAGE量を1とすると、焼き鳥は5倍、唐揚げは10倍に。「3回に1回は揚げる、焼くではなく、煮る、ゆでる料理を意識して」

 揚げ物や焼き物をするときは、酢やレモン果汁に30分ほど漬け込んでから調理するのがお勧め。AGEの生成を抑えてくれます。ブロッコリーの新芽「ブロッコリースプラウト」や、マイタケなどのキノコ類も、抗糖化の成分が多いという研究結果が出ているそうです。

 「食べ方」にも気を付けましょう。糖化は食後に高血糖状態が続くと起こるため、急激に血糖値を上げないようにすることが大切です。まずはゆっくり食べることを心掛けて。食べる順番は「サラダや酢の物が先で、炭水化物は最後」。野菜や海草、キノコなどに含まれる食物繊維は、糖質の吸収を緩やかにする働きがあります。

 血糖値の上昇が緩やかな「低GI食品」を取り入れることも有効です。そばや玄米、全粒粉を使ったパンなど、最近はスーパーやコンビニで簡単に手に入るようになりました。一方、注意が必要なのが、お菓子や清涼飲料水に使われる甘味料。ブドウ糖の10倍AGEがたまりやすいため、ほどほどに。

 血糖値を下げる効果があるため、運動も重要です。「日常生活の中でちょこまか体を動かすことを心掛けて」。食後30分を目安に、家事をしたり、エスカレーターではなく階段を使ったりするだけでもいいそうです。喫煙や睡眠不足、ストレスもAGEを増やす要因になるため、生活習慣を見直しましょう。
https://news.livedoor.com/article/detail/17029866/

まとめると、、、

・揚げ物よりも焼いたもの、焼いたものより茹でたもの、蒸したもの
・揚げ物や焼き物をするときは、酢やレモン果汁をかける
・AGEの生成を抑えてくれるブロッコリーの新芽「ブロッコリースプラウト」や、マイタケなどのキノコ類を食べる
・お菓子や清涼飲料水に使われる甘味料はとらない
・食後30分を目安に、家事をしたり、エスカレーターではなく階段を使ったりする
・食べる順番は「サラダや酢の物が先で、炭水化物は最後」
・喫煙や睡眠不足、ストレスもAGEを増やす要因になる


ということで油物が好きな方は要注意ですね。冬場は鍋がおすすめですね。