富士通 身に着けるエアコンを発表したそうです。頸動脈の血液を冷却で夏場に涼しい便利グッズですね。特に今年はコロナでマスクで熱中症注意とのことなので、こういった便利グッズはバカ売れしそうです。


富士通ゼネラルは、身につけることで体を冷却するウェアラブルエアコン「Cómodo gear」(以降コモドギア)を発表しました。6月より法人向けに提供を開始するそうです。法人向けなんですね。


一般向けに販売したらめちゃくちゃ売れそうなんですけどね。
「コモドギア」は、首に装着した冷却部から頸動脈の血液を冷やすことで、深部体温を下げることが可能。35℃を超える高気温下でも作業効率の低下を防止できるとうたいます。

冷却には水冷方式を用いており、首の冷却部、および腰に装着したラジエーターとポンプ間で冷却水が循環する仕組みを採用します。

「空調服」など、従来からある冷却装置とは異なり、首と腰にそれぞれ冷却部とラジエーター、バッテリーを装着するだけ使用できる手軽さも売り。重さは冷却部がスマホ1台とほぼ同じ約170g、腰に着けるラジエーター部あわせても840gと軽量で、工場や工事現場、イベント会場などでの作業性も向上しています。

連続使用時間は2~4時間。外付けリチウムイオン電池を搭載するほか、通信機能としてはBluetooth 4.2 Low EnergyとNFCを採用。


同様の冷却デバイスとしては、ソニーが「ペルチェ素子」を用いた冷感デバイスを発表していますが、ペルチェ素子ではなく、ラジエーターとポンプを用いて、本格的な外作業にも対応できる点が本製品の特徴となります。


引用元
https://news.livedoor.com/article/detail/18328529/