SBG孫会長兼社長、役員報酬2億900万円ってさすが!一般サラリーマンの想像を超えていますね。。。私の場合は生涯年収でもここまで行かないですよ・・・。ただ、芸能人と比較すると、思ったよりも多くない気がしますけど、実際の実入りは違うのでしょうかね。

ソフトバンクグループ(SBG)は、2020年3月期の役員報酬(グループ企業分を含む総額)を公表した。

 孫正義会長兼社長は前期比9%減の2億900万円だった。最高額は米国の携帯電話事業などを担当するマルセロ・クラウレ副社長で17%増の21億1300万円だった。

 6月に予定される株主総会の招集通知で明らかにした。

 20年3月期に巨額の損失を計上した10兆円ファンド「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」の責任者のラジーブ・ミスラ副社長は2倍超の16億600万円となった。

 SBGの20年3月期の連結決算(国際会計基準)は、最終利益が創業以来最悪の9615億円の赤字だった。

「引用元」
https://news.livedoor.com/article/detail/18344715/