「ご先祖まつるのに、手を抜いた造り」墓石・石灯籠60基壊した男逮捕 弁償するなら高額借金になりそうですが、おそらく弁償できないでしょうね。

群馬県藤岡市内の寺で多数の墓石などが倒された事件で、藤岡署は24日、藤岡市白石、無職の男(31)を器物損壊容疑で逮捕した。


 発表によると、男は20日~22日午前の間、同市上落合の宗永寺そうえいじで、墓石や石灯籠など約60基を手で押したり、足で蹴ったりして倒し、壊した疑い。23日夕、現場周辺を歩いていたところを藤岡署員が職務質問。調べに対して容疑を認めたうえで、「ご先祖をまつる墓石や墓誌が斜めにずれていて、手を抜いた造りが許せなかった」という趣旨の供述をしているという。

 同様の被害は近隣の共同墓地でも少なくとも7件確認されており、同署が関連を調べている。

「引用元」
https://www.yomiuri.co.jp/national/20200624-OYT1T50343/