給付金が入ったので子どもの頃からの夢を叶えました!ヤクルト15本っていつでもできのでは?と思って、心の中で突っ込んでしまったのは自分だけではないでしょう・・・。ヤクルト5個パック。安くはないけど、飲み代に比べたら激安です。夢だったらいつでもかなえられたというか、完全にネタですね(笑)


「給付金が入ったので子どもの頃からの夢を叶えました」


そんな晴れがましさに満ちたツイートを投稿したのはアニメ、コスプレ好きのTwitterユーザー「おさる」さん。

彼が叶えたかった夢とは「ヤクルト」のジョッキ飲み。確かにヤクルトの小さな容器の内容量はたったの65ml。あっという間に飲みほしてしまうので、一度にもっとたくさん飲みたいと思った方は多いはずだ。

10万円の給付金が入り、誰にも気兼ねせず大人買いしたヤクルトの山。一つずつ飲み口のフィルムをはがし、ジョッキに注ぐこと実に15個分!おさるさんは975mlのヤクルトジョッキに口をつけた。しかし、彼の長年の夢はその後、悪夢に変わることとなる。

今回、まいどなニュースでは特別におさるさんにお話をうかがうことに成功した。

中将:ヤクルトをたくさん飲むのが夢だったんですね?

おさるさん:はい、子どもの頃いつも飲み足りず「大人になったら絶対いっぱい飲んでやる」と憧れていました。

中将:わかります。僕も子供の頃、ヤクルトやジョアを一度に何本も飲んでみたいと憧れたものでした。夢を実現したご感想はいかがですか?

おさるさん:一口目は「こんなに口いっぱいに含んでも全然なくならない」と、とても幸せな気持ちになりました。

中将:そうでしょう、そうでしょう。なんせ1リットル近い量ですからね。ヤクルトの幸せの波間にただようおさるさんの姿が目に浮かぶようです。

おさるさん:でも途中で「もう十分」という気持ちになり、意地で飲み干しましたが最後には「もう二度とやらない」と心に誓いました。~

「引用元」
https://news.livedoor.com/article/detail/18496952/