愛知県宮市の繊維加工工場火災 中学生の火遊びが原因 親の賠償請求額が想像できないですね。企業としての被害額はとんでもないことになるのではないでしょうか。火遊びではすまされない内容ですし、一生後悔していきていかなければならないでしょうね。


----------------
愛知県一宮市で8月5日、繊維加工工場が燃えた火事で、原因は男子中学生2人による殺虫剤を使った火遊びだったとみられることが新たにわかりました。

 一宮市光明寺の「オザワ繊工」で8月5日、工場と倉庫合わせておよそ3400平方メートルが燃えました。けが人はいませんでした。

 捜査関係者によりますと、市内に住む12歳と13歳の中学1年の男子生徒2人が、出火に関与したとみられることが新たにわかりました。

 工場のパレットにできた蜂の巣を駆除しようと噴射した殺虫剤に火を付け火炎放射器のように使用したところ、工場に燃え広がったとみられ、調べに対し2人は行為を認めているということです。

オザワ繊工の社長:
「火炎放射器を作ってと聞いています。子供たちがやったことなんで、まあ諦めるしかないんですけど…正直悔しいですね」

 14歳未満の少年は刑事責任を問われないため、警察は、近く失火の非行内容で少年2人を児童相談所に通告する方針です。
https://news.goo.ne.jp/article/tokaitv/nation/tokaitv-20200811-1148-136520.html