私は小児喘息を持っていて、小さい頃はよく母親に病院に連れていてもらっていました。発作が起きたら自分で治せないので、吸入器を利用していました。


その後、ネフローゼ症候群になって、プレドニンという薬のおかげか、小児喘息はでなくなりました。ただ、大人になっても風邪の延長線上や、お酒の飲みすぎで喘息の症状が出ることがありました。


そして、花粉症、ぜんそく、アレルギーで悩む人はお酒で症状を悪化させるので注意が必要だそうです。


元記事はこちら。

専門機関が調査!お酒がアレルギーを悪化させる理由は?


花粉症の人にとって今は比較的過ごしやすい時期かと思いきや、イネ科の花粉アレルギーの人にとっては、まだまだ油断できない季節。ビアガーデンやバーベキューなど、外での飲み会が多いシーズンなだけに、ちょっと憂鬱な人もいるのでは? コスモポリタン イギリス版によると、実は人によっては、飲み会でのお酒の選び方もアレルギー症状と関係しているそう。


そもそも、お酒はアレルギーに良くないのかという内容が書かれています。

<英国ぜん息学会>が行った調査によると、ぜん息患者の64%が、特定のアルコールで症状が出ると回答したのだとか。作家としても活躍するイギリス人俳優スティーヴン・フライの場合は、シャンパンが一番ぜん息の症状を悪化させるそう。「ぜん息の症状が出るので、シャンパンはあまり飲まないようにしています。シャンパンで二日酔いになる人は多いと思うけど、僕の場合は重篤なぜん息発作を引き起こす可能性があるので、深刻なんですよ」


なんとシャンパンで喘息の症状が出ることがあるそうです。普段、シャンパンは飲まないから分かりませんが、お酒の種類で発症する可能性があるということですね。


アレルギーを起こしにくいアルコールってあるのか?という内容については、

<英国ぜん息学会>によると、アルコールそのものよりも、アルコール飲料に含まれる物質が症状を誘発するとのこと。ビールなど多くのアルコール飲料に含まれるヒスタミンは、異物が体内に侵入したときに放出される物質で、ぜん息や花粉症の症状を誘発してしまうのだとか。また、白ワインなど多くのアルコール飲料で保存料として使用される、亜硫酸塩が症状を悪化させることもあるそう。というわけで、花粉症やアレルギーで悩む人にとってはお酒を飲まないことが一番の安全策ではあるけれど、飲まなければいけない席に行く場合は、亜硫酸塩やヒスタミンを含まないお酒を選ぶのが賢明のよう。


ここにある通り、アルコールがアレルギーの症状を悪化させることがあるそうです。お酒を飲んでそういった症状がある方は注意が必要かもしれません。

白ワインやシードルには亜硫酸塩が、赤ワインやビールにはヒスタミンがたくさん含まれているので、アレルギーの人は避けた方がよさそう。逆に、ジンやウォッカといった透明な蒸留酒は、亜硫酸塩やヒスタミンが少ないので"ベターな選択"とのこと。

喉のイガイガや鼻水でお悩みの人は、ビールよりもジントニックを注文したほうがいいのかも? ただし、アレルギーの引き金たは体調などによって変化しうるものなので、「お酒を飲むと症状が出やすい」という人は、定期的にかかりつけの医師に相談することをお勧めします。


ということで、お酒を飲んで体に合わないと思ったら飲み過ぎないようにしたほうがいいかもしれませんね。しかし、こういった症状でお酒が飲めないって辛いですよね。私はビールが飲めない人生なんて想像できないです。。。

サントリー 金麦 350ml×24本