b461e63cacd7477ce6825c312b4507b7_s

毎日のようにしている歯磨き。歯磨きって実は色々と重要であるということが分かってきました。実は私は歯磨きが苦手というか好きではないので、ついつい後回しなってしまいます。しなければならないのはわかっていますが、食事をしてかなり時間が経ってから歯磨きをしたり、お酒をたくさん飲んだ日はそのまま寝てしまったり。


これって当然、よくありません。その為、歯磨きはなるべく習慣づけてやる必要があります。まず、歯磨きを食事の後に必ずする人もいれば、夜だけとか、朝と夜だけという人もいると思います。


中には、朝、昼、晩と歯磨きをしているひともいますよね。会社でもトイレで頑張って歯磨きをしている人もいます。


食事の後にしっかりと歯磨きをするのはいいことですが、歯磨きをするにあたり、歯ブラシの種類、やわらかめ、かため、普通のどれがお勧めなんでしょうか。これって歯医者さんに行っても、どれを使ってとか言われないので、何も考えずに普通を選んでる人が多いのではないでしょうか。


実際、色々と調べていくと固めの歯ブラシは歯茎を傷つける、歯のエナメル質を削るからよくないという情報を見ますよね。そうなると、必然的に柔らかい歯ブラシか、普通を選ぶことになると思います。


私もそれを思い、固い以外の歯ブラシを利用していましたが、、、歯垢が全然とれません。むしろ、柔らかい歯ブラシって歯垢が全然とれないので、むしろ歯に悪いのではと思ってしまいました。


実際、最近歯垢がつきやすくなった気がしますというような悩みを持っている人がいます。年齢的にだんだんと歯石がついてねばねばするようになったという人もいるのではないでしょうか。


こういった症状が出る場合の多くは、磨いているようで磨けていない、もしくは、ハブラシでは取れない歯石がついているなどの原因が考えられるそうです。歯石が着いていると表面がザラザラしていて歯垢が取りにくくなるそうです。


自分ではしっかりと歯みがきしているつもりでも、実際にはみがき残しがたくさんあると、歯垢はどうしても付着しやすくなるそうで、歯の裏、奥歯の向こう側、上下の前歯の接触部などは特にしっかりとブラッシングをする必要があります。


そういった日々のブラッシングができていない状態が続くと、当然、歯垢が残るので口の中がねばねばとすることになります。


また、口の中の”ねばねば”は、気温の変化、運動による発汗量の増加、またストレスなどにより、唾液の質が変わったり、分泌量が減少することが原因にもなりうるそうです。唾液には口の中を掃除したり殺菌したりする働きがありますが、体内の水分が不足すると、唾液の分泌量は、低下していき、唾液の量が減ったり、働きが弱まることで、口の中で細菌が繁殖しやすくなり、ネバつきが生じてしまうとのこと。


その為、単純に歯垢の磨き残しがあるから口の中が”ねばねば”するのではないみたいですが、唾液の減少は虫歯の原因になるので、それ自体も注意をしたほうがよさそうです。

柔らかい歯ブラシの利用が適している人は?


柔らかい歯ブラシの利用が適している人はどんな人がいるのでしょうか。よく言われますが、歯医者さんなどの専門サイトでも、すでに歯茎が腫れていたり、歯磨きをするといつも出血がある人は、柔らかめの歯ブラシがお勧めです。


特に硬い歯ブラシは、強くこすったりすると、歯の表面のエナメル質を削ったり、歯茎を削るそうです。その為、硬めの歯ブラシでさらに歯茎を傷めてしまう可能性があるので注意が必要です。私もよく深酒をして歯磨きをした翌日に、歯茎が切れていることがよくあります。


よってごしごしこすりすぎたことが原因だと思いますが、そうなると、数日間は痛みで歯磨きがしにくくなるので、最近は酔った時は柔らかい歯ブラシを使用するようにしています。


また歯周病改善には歯ブラシの毛先が「細め」になっているものが歯周ポケットの清掃に効果的です。ただ、柔らかい歯ブラシは清掃効果が少ないので、歯磨きをしてみて歯垢が全然とれていないようだったら、「ふつう」の歯ブラシを使うか、もっと時間をかけてブラッシングをしてみるのもいいですね。


まぁ、敢えて柔らかめの歯ブラシを選ぶことはないと思いますが、歯医者さんの治療などで、歯の健康状態をチェックしてもらってから、どれがよいか聞いてみるのもいいでしょうね。

ふつうの歯ブラシを利用するのに適した人は?


ふつうの歯ブラシを利用するのに適した人は、歯と歯肉が健康な人でしょうね。これが標準なので、一番利用されている割合が多いのではないでしょうか。


私も基本はふつうの硬さの歯ブラシを必ず購入数ようにしています。実際、一度だけ柔らかめの歯ブラシを購入したことがあったんですが、あまりに歯垢がとれなくてびっくりしました。


頑張って磨いたつもりでも磨き残しがたくさんあったので、それからは柔らかめは買わないようにしています。ということで、一般的に意識しなければ「ふつう」を選ぶのが一般的ではないでしょうか。

かための歯ブラシの利用が適している人は?


そして、最後に、かための歯ブラシの利用が適している人はというと、歯質が強固で、歯肉が出血を全くしないという方になるのではないでしょうか。


後は、丁寧にブラッシングできるかた。力強くごしごしこすってしまいますと、健康な歯茎も傷んでしますので、弱い力で丁寧に歯磨きできる方は、効率よく歯垢をとることができます。


実は私もかためを使うようになりました。というのが、短時間で効率よくブラークがとれるからです。本当に朝の忙しい時とか便利です。


しかし、かための歯ブラシは弱点もあって、表面の歯垢をとるのは得意なんですが、歯と歯の隙間は苦手なんですよね。だから、普通の歯ブラシと使い分けて歯磨きをするのがお勧めです。


例えば、歯の表面部分はかための歯ブラシで磨いて、歯茎付近、歯と歯の間は普通の歯ブラシを利用するという感じでしょうか。とにかく歯垢が残るのが歯周病の原因になるので磨きのこしをなくすようにしないといけません。


ということで、最近気づいたかための歯ブラシを利用するメリットは、ずばり、短時間で効率よく歯垢がとれることですね。そして、不足しているところをふつうの硬さの歯ブラシを利用することで、効率よく歯垢がとれるようになると思います。


また、それだけやっても不足していることがあるので、歯間ブラシなども併用して利用するとより歯垢がきれいにとれるようになります。

歯垢がよくとれるお勧めの歯ブラシ!


最近、購入してもっともコスパがいいと感じた歯ブラシが「エビス プレミアムケアハブラシ」です。

エビス プレミアムケアハブラシ 7列レギュラー ふつう 3本組 (色おまかせ)


【商品説明】
●歯ブラシの常識を変える幅広ヘッド!
歯磨きを欠かさないのに、歯の健康を維持するのが難しいと感じている方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。
実は従来のコンパクトヘッドタイプの歯ブラシでは、バス法※1やスクラッピング法※2などのブラッシング技術を使い分ける必要があるのです。そしてその技術がないとかえって磨き残しが多くなってしまう場合もあります。
プレミアムケアハブラシの幅広ヘッドは、難しいブラッシング技術を習得しなくても、誰でも簡単に、効率よく歯磨きができることを考えて生まれました。 
※バス法とは歯と歯肉の境目に45度の角度で歯ブラシの毛先をあてる磨き方。 スクラッピング法とは歯面に対して90度の角度で歯ブラシの毛先をあてる磨き方。


●約2倍のぎっしり植毛!
プレミアムケアハブラシは幅の広いヘッドに、当社従来品コンパクトヘッドの約2倍植毛をしております。
毛を植える穴の数を約2倍にすることでぎっしり植毛を実現しました。植毛が多いので歯を包み込んで効率よく磨くことが出来ます。


●ポイントは歯との接触面積!
植毛が多く、幅が広いので歯との接触面積が広くなります。
いつものブラッシングで歯の汚れている部分に広く接することが出来るので簡単に効率よく歯垢を除去出来ます。


●こだわりの植毛
歯周ポケットに入り込んで汚れを落とす「超先細毛」と歯面に付いた汚れを落とす「フラット毛」の2種類の毛先を使用しています。
外側(金色植毛部)は歯ぐきをやさしくいたわるソフト毛、内側は歯面をしっかり磨くハード毛を使用しています。


●幅広ヘッドタイプは5種類
・6列レギュラー・・・幅広ヘッド形状にすることで接触面積が広くなる為、簡単に効率よく歯垢を除去出来ます。
・6列コンパクト・・・6列 レギュラーの使用感を残しながら奥歯に届きやすい形状にし、コンパクトタイプのご要望にお応えしました。
・7列レギュラー・・・6列レギュラーより横に1列増やすことで、さらに歯を広くカバーする7列ワイドヘッドを実現しました。
・7列コンパクト・・・6列レギュラーより横に1列増やすことでさらに歯を広くカバーし、奥歯の奥に届きやすいヘッド形状です。
・ミニ・・・ブラッシングの知識や技術がないお子様でも幅広ヘッドで簡単に効率よく歯垢を除去出来ます。  



そして、こちらが購入した歯ブラシです。
20160711_190642


この幅広ヘッドが歯ブラシの時間を短くしてくれます。
20160711_190653


2種類の毛先で歯垢を落としてくれます。
20160711_190658


開封後です。
20160711_190725


これだけ幅が広い歯ブラシは初めてですね。
20160711_190738


そして、実際に利用してみて感想ですが、びっくりするくらい短時間で歯垢がとれ、歯がつるつるになります。これまで使っていた歯ブラシがダメだったのかもしれませんが、これくらい歯垢がとれると歯ブラシも苦じゃなくなりますね。


実際のレビューもかなり評価が高いことが分かります。

実は、毛先極細タイプの歯ブラシを使う前は「そんなんでちゃんと磨けるの?」と思っていましたが、いざ使ってみたらとても気持ち良くて、もう「普通の歯ブラシ」には戻れないっていうくらいです。特にこのタイプは「腰砕け感」もなく、名前のとおりプレミアムな使い心地を楽しめます。余談ですが、色おまかせというのも、何色が届くか楽しみ…という点も挙げておきます(笑)
 
とにかくレビューにもありますが、すぐに歯垢がとれるので時短効果があるのがオススメのポイントです。後、歯ブラシなので歯垢がよくとれるのが、歯ブラシを選ぶ前提条件ですよね。


ちなみに、歯ブラシによっては全然、歯垢がとれないものがあるので、歯ブラシ選びは慎重になったほうがいいと思います。今回購入した歯ブラシは、これまで購入した中でもトップクラスに品質が高いと思います。


歯垢が中々とれない、歯磨きが苦手という方は、エビス プレミアムケアハブラシを活用してみてください。