パートナープログラムの条件が厳しくなったそうです。以前、ISの危険動画にも広告が付くということで、問題になっていましたよね。私はyoutubeを利用していないので、あまり理解していませんが、収益がyoutubeに依存しまくっているのがつらいですよね。


そして、この条件変更により、稼げないyoutuberは広告収入ゼロになりそうです。元記事はこちら。

駆け出しYouTuberが「阿鼻叫喚」 広告「新基準」導入で「終わった」「助けて」


記事によると、YouTuberが広告収入を得るための「パートナープログラム」に参加するための条件が、2018年2月20日から変わるそうです。具体的に書かれていますが、


「チャンネル登録者数1000人以上」
「過去12か月の総再生時間が4000時間以上」


という従来よりも厳しい審査基準が設けられるとのこと。一年間で4000時間以上ってまぁまぁ大変ですよね。後、登録者数が1000人以上も。


そして、この変更に悲鳴を上げているのが、上記の新基準を満たせていない「駆け出し」のYouTuberたちだそうで、何とかして広告収入を得たいYouTuber同士が、互いのチャンネルを登録し合う動きまで出ているとのこと。収入ゼロになるのはやる気ゼロになりますよね。


これまでは、投稿された動画の総再生回数が1万回以上であればプログラムを利用できたそうですが、2月20日以降は上記の2つの条件を満たすことが必要になるとのこと。また、恐ろしいのが、現時点でプログラムを利用しているユーザーであっても、新条件を満たしていない場合は利用が停止されるとのことです。

プログラムの参加基準を厳しくした理由について、YouTube側は公式サイト上の「クリエイターブログ」欄で、悪意のある動画や不適切な動画の収益化を防ぐため、などと説明。その上で、

「この変更はコミュニティを保護するために必要な措置であると考えています」
と理解を求めていた。また、今回の変更で影響を受けるチャンネルのうち99%は、年間の収益が100ドル(約1万円)未満だとも付記していた。

こうした変更の通知を知ったYouTuberからはツイッターにこんな書き込みがあったそうです。

「このままだとYouTuberクビになりそう」
「『お前はユーチューバーとして失格だ!』というYouTubeからの解雇通知が届いた(ようなものだ=編注)。終わった」
「これってすごく高いハードルではないか?ほとんどの弱小YouTuberが弾かれると思われる」
「チャンネル登録者数1000人目指してます!皆さんの協力が必要です!ぜひチャンネル登録をお願いします」


これで稼げる人が制限されたことにより、youtube運営側は運用が楽にはなるでしょうが、利益は減るかもしれませんね。