年齢がばれてしまいますが、私が学生の頃に流行ったのバンドがglobeです。当時、地元の広島の飲み屋さんで働いていたんですが、よく、歌謡曲にglobeが流れていました。


当時は、アムラーとか、流行の流れは小室哲也が作っていました。


そして、小室哲也といえば、globeですね。そして、小室哲也はやっぱり天才だな~と思う事があります。それは、今、音楽を聴いてもめちゃくちゃカッコいいからです。


ちょうど、今聴いているアルバムがglobeのアルバムFACES PLACESです。


【曲リスト】
1 overdose
2 DEGENERATE
3 FACES PLACES
4 Is this love
5 So far away from home(Beautiful Journey)
6 a temporary girl
7 Because I LOVE the NIGHT
8 Anytime smokin' cigarette
9 Watch the movie?
10 a picture on my mind
11 FACE
12 Can't Stop Fallin' in Love
13 Can't Stop PIANO SOLO
14 FACES PLACES"REMIX"


個人的に好きなのは、11番目のFACEと3曲目のFACES PLACESです。正直、当時の記憶もあって懐かしいというのもありますが、今の時代流れていてもかっこいいです。


小室哲也は間違いなく一時代を築いた人ですよね。最近は目立った活動はないですが、個人的にこの年代の音楽はずっとすたれないまま残っていくんだと感じます。


今は娘も小さいですが、大人になったとき、こういった曲はどう聴こえるのか。すごく楽しみですね。昔、よくglobeを聴いたけど最近、聴いていないという方は久しぶりに聴いてみると懐かしいのと、後、keikoの歌声にびっくりすると思います。彼女はやっぱり巧いボーカリストの一人だなと思います。