前回の9巻からなんと地球に巨大隕石が衝突するという流れに。なんだか巨匠の手塚治虫先生の鉄腕アトムを彷彿とさせますね。


そして、ついに完結となる10巻を読破したので、ネタバレになりますが、レビューとなります。結末を知りたくない方は、見ないでくださいね。


まずは、前回です。

いぬやしき 9巻ネタバレレビュー!獅子神と死闘の結果急展開、世界滅亡の危機へ


【内容紹介】
巨大隕石が地球に衝突するまで、人類に残された時間はわずか2日。アメリカなど世界が手を尽くしても軌道を変えることはできなかった。そんななか、犬屋敷は大きな決断を下す。自ら衝突を回避させようというのだ。周囲の必死の説得をふりきり、宇宙に飛び出した犬屋敷。果たして、地球を救うことができるのか。そして獅子神は何を思い、どう動くのか。衝撃のラストを見逃すな! 空前絶後の老人英雄譚、堂々完結!


まず、巨大隕石を止める為に、犬屋敷が自ら動こうとします。その時、家族はそれに気づいて止めようとします。あれだけバラバラだった家族が、今は父親の為に、父親の行動を止めようとします。犬屋敷は今が一番幸せなんじゃないでしょうか。
20171009_141459


運がよかったらなんとか軌道を変えてみせる、、、まさに命がけです。娘にも「お父さんが行かなくてもいい」と止められます。ただ、これを止められるのは彼しかいませんというか、軍事力がここで活かせないものなんですかね。実際にこういった事態が起きたらどうするのでしょうか。
20171009_141619

 
そして、犬屋敷は宇宙へ。
20171009_141735



そして、犬屋敷は隕石に到着します。
20171009_141833


そして、隕石で大きな穴を見つけます。アメリカ連合チームが空けた穴ですが、それでも穴をあけた程度。
20171009_142007


犬屋敷が全力で穴めがけて攻撃をしますが、効果がありません。
20171009_142105


そこへ獅子神登場。死んでほしくない人を助けるために、最後は正義の人に。しおんとチョコーには死んでほしくない。
20171009_142207



機械になるときの声で、二人は地球を滅ぼす力を持っていると伝え、同時に、この隕石を破壊し、軌道を変える力もあるとのこと。
20171009_142225


なんと目に自爆装置が入っていたそうです。
20171009_142342


そして、犬屋敷は起動スイッチを押します。最後に獅子神は涙します。最後に人間を取り戻します。
20171009_142433


そして、獅子神は自爆しますが、、、
20171009_142509




なんと軌道は変わらず。。。そして、犬屋敷が自爆した場合の計算で、起動が変えられることがわかります。
20171009_142603


犬屋敷は自爆することを隠し、地球に戻ると伝えます。
20171009_142622


そして、犬屋敷は自爆します。。。
20171009_142659


家族は隕石の爆破により異変に気付きます。そして涙。。。地球の為に、家族の為に父親はなくなります。
20171009_142727


そして、息子も変わります。いじめっ子に反抗し、ぼこぼこにしますが、、、現実は甘くないです。ただ、人は変わります。
20171009_142844


そして、娘は最後に漫画の賞に入選します。すべてが変わり始めます。父親は最初、家族に無視され、とても充実した人生とは言えませんでしたが、、機械になることで、人生が変わり、そして、家族も変わりました。
20171009_142901


最後に父親の存在の大きさに気づくのです。これで完結ですね。最後はいい話で終わりました。ガンツまではいきませんでしたが、かなり読みごたえがあって楽しかったですね。


次回作に期待!