メールソフトでoutlookを利用している企業も多いと思いますが、outlookを利用している場合に、exchange onlineでキャッシュモードを有効にしているとローカルにキャッシュファイルが作成されます。


そのデータサイズの上限は、outlookのバージョンによって異なります。データサイズの上限が意外と大きいので、パソコンのローカルディスクを圧迫する原因になるかもしれません。


そして、outlookのサイズ上限については、以下のマイクロソフトの公式サイトの情報が参考になります。


Outlook 2010 および Outlook 2013 で .pst ファイルと .ost ファイルのサイズ上限が大きくなった
 

既定では、Microsoft Outlook 2010 および Outlook 2013 で個人用フォルダー (.pst) ファイルとオフライン ストア (.ost) ファイルは Unicode 形式です。.pst ファイルと .ost ファイルの全体サイズの上限はあらかじめ 50 GB に構成されています。この上限値は、Outlook 2007 と Outlook 2003 の Unicode .pst ファイルと .ost ファイルより大きくなっています。詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。


ちなみに、情報によるとOutlook 2007 と Outlook 2003 の .pst ファイルと .ost ファイルのサイズの制限は既定で 20 GB です。この古いバージョンを使っていることはないと思いますので、今は50GBが主でしょう。


そして、Outlook 2007 または Outlook 2003 がインストールされているコンピューターを使用している場合、Outlook 2010 以降で作成された Unicode .pst ファイルにアクセスし、.pst ファイルのサイズが約 20 GB であれば、.pst ファイルのサイズを減らすことが必要になることがあります。ファイル サイズが 20 GB を超える場合、.pst ファイルを開くことができないという制約があります。


また、整理プロセスで Outlook の .pst ファイルのサイズが 20 GB よりも小さくならない場合は、大きな .pst ファイルを分割し、大きな .pst ファイルから別の .pst ファイルにメッセージを手動で移動する方法があります。

1 つのフォルダーを .pst ファイルから別の .pst ファイルにすばやく移動するには、次の手順を実行します。

【手順】
①Outlook で大きな .pst ファイルと移動先 .pst ファイルを開いていることを確認します。

②別の (小さな) .pst ファイルに移動する大きな .pst ファイルのフォルダーを右クリックし、[フォルダーの移動] をクリックします。

③[フォルダーの移動] ダイアログ ボックスで移動先 .pst ファイルを選択し、[OK] をクリックします。


outlookで50GBのメールボックスサイズを許してしまうと、メールの動作が重くなることがあるので、注意が必要です。


ネットでは10GB以上になると起動が遅くなったという情報もあったので。