システム構築中によく、ソフトウェアをインストールしたいんだけど、ISOイメージにして利用したいケースってありますよね。


例えば、仮想化基盤の場合、パソコンのローカルにISOイメージを作成しておいて、vSphere Web Clientなどで接続し、マウントさせるとOSで認識させてインストールすることができるようになります。


こが意外と便利なのでよく利用します。特にDVDドライブがない場合は便利ですね。そして、ISOイメージを作成するツールは色々とありますが、Windows10にインストールしたRoxio Creator LJでISOイメージを作成する手順を紹介します。


このソフトがプリインストールされているパソコンがある場合に利用できます。


【Windows10にインストールしたRoxio Creator LJでISOイメージを作成する手順】
まず、Roxio Creator LJを起動します。


続いて、「データ/コピー」をクリックします。

「データ ディスクを書き込む」をクリックします。

ここへドラッグ&ドロップという場所に、ISOにしたいデータをドラッグ&ドロップします。


ISOファイルの保存先を選択し、丸アイコンをクリックするとすぐに作成できます。意外と使うシーンが多いかと思いますので、試してみてください。