最近、現場でもWindows Server 2016の話題が出ています。これから導入するWindowsサーバは、2016になると思います。

 
ということで、早速、自宅のVMware Playerの環境に、評価版のWindows Server 2016のインストールを試してみました。


自宅で検証したい場合に評価版は便利です。そして、まずは、評価版のダウンロードから。評価版は、マイクロソフトの公式サイトでダウンロードできます。


Windows Server 評価版ソフトウェア


【Windows Server 2016 の新機能】

●セキュリティ レイヤーの追加
組み込まれた保護機能の複数のレイヤーでセキュリティを強化してリスクを削減できます。

●新しい展開オプション
軽量の Nano Server インストール オプションでは、可用性の向上とリソース使用率の削減を実現できます。

●組み込まれたコンテナ-
Windows Server と Hyper-V コンテナーを活用してアジャイルな開発と管理が可能になります。

●コスト効率の高いストレージ
高可用性とスケーラビリティを備えた Software-Defined Storage (SDS) を構築してコストを削減できます。

●革新的なネットワーク
Software-Defined Networking でクラウドと同様の効率性で自動化を実現できます。


続いて、インストール手順の紹介です。事前に上記サイトからISOイメージ「14393.0.161119-1705.RS1_REFRESH_SERVER_EVAL_X64FRE_JA-JP.ISO」をダウンロードしています。


まずは、ISOイメージをセットして、起動すると以下の画面が表示されますので、そのまま「次へ」をクリックします。
dmm00


「今すぐインストール」をクリックします。
dmm03


「セットアップを始めています」という表示がでるので、そのまま待ちます。
dmm04


「インストールするオペレーティングシステムを選んでください」で、今回は「Windows Server 2016 Standard Evaluation(デスクトップエ クスペリエンス)」を選択し、「次へ」をクリックします。一番上の選択だとGUIが含まれない状態になります。多くの場合は、(デスクトップエ クスペリエンス)を選ぶことになると思います。
dmm05


「同意します」にチェックを入れ、「次へ」をクリックします。
dmm06


「インストールの種類を選んでください」で「カスタム:Windowsのみをインストールする(詳細設定)」をクリックします。
dmm07


「次へ」をクリックします。
dmm08


「Windowsをインストールしています」と表示されますので、しばらく待機。ここでディスクがSSDかどうかで、インストール時間が大幅に変わります。
dmm09


そして、以下の画面に切り替わります。
dmm10


続いて、「設定のカスタマイズ」画面が表示されます。ユーザー名は「Administrator」で、パスワードを二回入力します。
dmm15


「完了」をクリックします。
dmm17


以下は再起動後の画面ですが、Windows10みたいですね。「ロックを解除するにはCtrl + Alt + Delキーを押してください」。仮想環境なら、Ctrl + Alt + Insertでいけます。
dmm18


インストール時に入力したパスワードを入力して、エンターキーを押します。
dmm19


ネットワークで「このネットワーク上の他のPCやデバイスが、このPCを検出できるようにしますか?」


Windows10の場合は、自宅やオフィスなど特定のネットワークに接続する場合は、「はい」をクリックして共有することができ、外出先で公共の場所にあるネットワークに接続する場合は、「いいえ」をクリックして共有しないほうがいいですね。


今回は、「はい」をクリックしました。 
dmm20


表示はまさにWindows10ですね。これから時間がある時に、ADDS、ADCSなどのインストールをしてみたいと思います。
dmm21


勉強の為に、Windows Server 2016を操作してみたい方は、参考にしてみてください。