政治家の心無い発言から考えることは、この人たちは国民の為に仕事をしている訳ではなく、自分たちの為に仕事をしているのがよく分かります。


人は誰だって自分が一番なんです。中には本気で誰かのために仕事をしていると思いますが、それでもごくわずかでしょうし、結局お金がある人が人生楽になるんです。


そして、以前、東日本大震災について東京じゃなくてよかった発言が問題になりましたが、言葉選びはとても重要だし、その人を表します。


大西英男議員 がん患者は「働かなければいい」発言問題で反発というニュース記事があります。

「働かなければいい」発言めぐり、大西議員ががん患者らに謝罪


記事によると、自民党の部会で、がん患者について「働かなければいい」などと発言したとされる大西英男衆院議員が会見を行い、「がん患者や元患者のお気持ちを傷つけたことをお詫びする」と謝罪しましたというものです。

 大西氏は受動喫煙を話し合う党の厚生労働部会で、がん患者の就労支援などを議論した際、「がん患者は働かなければいい」という趣旨の発言をしたとされ、がん患者の団体などから反発を招いていました。このため、大西氏は会見を行い、がん患者や元患者に謝罪した上で、次のように釈明しました。

 「受動喫煙の議論をする中で『働かなくていいのではないか』との趣旨で発言したと捉えられておりますけれども、それはあくまで、ごくごく少数の喫煙可能の店でのことについてであります」(自民党 大西英男衆院議員)

 大西氏は、「がん患者は働かなくてもいい」という趣旨ではなかったと重ねて強調しましたが、自らの発言については撤回する考えはないとしています。

一度発言したものは簡単には撤回できません。「がん患者は働かなくてもいい」という趣旨ではなかったと重ねて強調しましたが、自らの発言については撤回する考えはないと意固地になっています。


こういった頭の固い人たちは、若者にもえらそうなんですよね。そして、こんなコメントがあります。


「これは酷すぎるだろう。 国民の事なんか少しも考えてないだろう。」
「三原じゅん子議員が「働きながら治療するがん患者は店を選べない。命がけで喫煙の仕事場で働く苦しさを考えてほしい」と訴えた際、男性(大西英男)議員がやじを発した。」
「腹の内ではいつも思ってるのだろう。 今すぐやめるべし!絶対に許せない。」


こんな人が国を動かすのだから、日本なんてよくなるわけないですよね。若い人が政治に興味がなくても仕方がないのではと思います。