8a8320b3e63e28fa78a52562639c0cbb_s


普段から節約を意識することで貯金を増やしたいという方は少なくないと思います。そんな方にお勧めなのが通信を下げる方法です。


そして、通信費を下げたい方に人気がでているのが格安スマホ。キーワードだけ聞いたら、通信費が安くなっていいじゃん!と思えますが、実際にそのデメリットはないのでしょうか。


ただ、安ければいいのか、はたまた、実は格安スマホにすると損するとか。格安スマホを提供している企業は、どこも、通信費が安くなってお得ですよ!と説明していますが、果たしてそうなんでしょうか?と気になる人が多いと思います。


そして、ちょうど、格安SIMに関するニュース記事でよく情報がまとめられていたので、シェアします。私も格安SIMの特徴を理解していなかったので、参考になりました。


【格安スマホで急増するトラブル 避けるための3か条】というタイトルで、そのデメリットを説明しています。


また、独立行政法人国民生活センターによると、全国の消費生活センターに寄せられた格安スマホ(SIMカードのみ契約する「格安SIM」も含む)に関するトラブルの相談件数が、2014年度は139件であったところが、2015年度は380件、2016年度は1045件と、ここ2年で急増しているとのことなので、格安スマホを検討している方は、注意が必要です。


そこで、以前にも紹介した記事と合わせてそのデメリットについて説明します。

1. キャリアメールが使用できなくなる

まず、一つ目のデメリットがキャリアのメールアドレスが使えなくなるというものです。


キャリアメールというのは、「~@docomo.ne.jp」「~@ezweb.ne.jp」「~@softbank.ne.jp」といった、携帯電話会社の公式メールのことで、格安SIMに乗り換えると、これらのキャリアメールが使えなくなってしまいます。


迷惑メール対策にキャリアメールアドレスから以外のメールを受信拒否している人には、メールを送れなくなったりすることもあります。普段の連絡に「LINE」しか利用していないのであれば問題はなく、キャリアメールの代替サービスとしてGmailなどのフリーメールや、格安SIMが提供する独自のメールサービスを利用することもできます。


ただ、最近、キャリアのメール使っている人少ない気がします。私のまわりもほぼ、電話以外との連絡ツールはLINEです。その為、これは大したデメリットにならないかもしれないですね。

2.通信速度が制限される可能性も

続いて、格安SIMは通信速度が制限される可能性もあるそうです。 


格安SIMは大手通信会社から間借りした電波帯域を使用してサービスを提供しているため、大元であるキャリアと比べて通信速度が遅くなる場合があるそうです。


特に利用者が多い通勤時間帯や、お昼の12時から13時頃、夕方以降の夜の時間帯などでは、通信速度が遅くなってしまい、動画を視聴するのが困難な状態になることもあるとのこで、速度を重要視している方は注意が必要です。


ただ、これもストレスになるほどではないので格安スマホを検討してる場合は、スルーして問題ないでしょう。
9dd13d52338057ce6d735b58be5aa423_s

3.初期設定は自分でしなければならない

続いて、初期設定を自分でしなければならないというものです。

キャリアで端末を購入した場合には、すぐに使える状態で手渡しを受けるのだが、格安SIMでは、SIMを買って端末に差し込んだ後、自分でAPN設定と呼ばれる初期設定をしなければなりません。


設定自体は決して難しいものではないが、やはり慣れない人にとっては面倒ですよね。どうしても「初期設定が苦手だ」という人には、「格安SIMと端末のセット購入」という方法もあります。


まぁ、これもデメリットかというと、今の若い人からしたら大した事はないでしょう。今のところ、デメリットと言えるほどでもないですね。

4.サポートが充実していないケースがある

続いて、格安スマホにするデメリットの一つがサポート体制にあります。大手キャリアは当然、サポート体制が充実しています。混雑時では、サポートに連絡取りづらいことはあるかもしれませんが、対応もしっかりしているし、安心です。


しかし、格安スマホはそうではないそうです。

大手携帯電話会社は、いずれも日本全国に実店舗を構えている。スマホの操作や契約について何か困ったことがあっても、ショップに行けばスタッフが対面で応じてくれるという安心感がある。

 これに対し、格安スマホ・格安SIMを提供する通信会社では、実店舗を構えていないところが多い。契約後に困ったことがあれば電話窓口やメールなどで相談することになるのだが、電話がつながったり、メールの返事が来たりするのを待たされることもある。実際に、国民生活センターからは、電話窓口のつながりにくさを訴えた相談事例も報告されている。

実店舗がないケースもあるそうなので、大手企業が提供する格安スマホを利用したほうがいいでしょうね。


また、キャリアの場合には全国各地にショップが設置されているので、契約やプラン変更、さらには操作説明、端末の修理や保障など、なんでも気軽に店頭窓口で相談できますが、格安SIMでは、まだまだ店頭窓口でサポートを行うところは多くはなく、サイト上での申し込みや電話・メールに頼ることになるケースがあります。


そして、端末を落として画面が割れてしまったといった故障トラブルの際にも、ショップに駆け込みさえすればよい、といった対応は望めなくなります。サポート体制については、格安スマホを提供しているサービスをチェックしておいたほうがいいでしょうね。 
 

5.格安SIMが使えないスマホだった

そして、最後です。格安SIMが使えないスマホだったというもの。

SIMカードだけを契約する格安SIMでは「大手携帯電話会社で購入したスマホを乗り換え後も使い続けられる」とアピールしている。ここで問題になるのが、端末のSIMロックだ。

 大手携帯電話会社のスマホには、購入した通信会社でしか使えないようにSIMロックが掛けられている。別の通信会社のネットワークを借りている格安SIMに乗り換えるにはロックを解除しなければならないが、解除できるのはSIMロックの解除が義務化された2015年5月以降に販売された機種に限られる。


ただ、最近のスマホは問題ないようなので、これも大丈夫でしょう。


ここにはなかったですが、個人的に格安スマホにする際のデメリットの一つが、【無料通話】です。私はすごく長話が好きで、よく30分、一時間くらいは長電話することがあります。


その為、ドコモでかけ放題が出た時は、本当にうれしかった人間です。何しろ、かつて、かけ放題がない時代に、携帯代が8万円いったことがありましたからね。昔の携帯代って、パケ放題もなくてひどかったですよね。。。


例えば、格安スマホで人気の楽天モバイル。

>>楽天モバイルは、楽天スーパーポイントが貯まる!使える! 


楽天モバイルは通信費を安くしたいという方にオススメのサービスです。

《楽天モバイルの特徴》
■番号乗り換えも可能 
他社からのお乗り換えも携帯電話ナンバーポータビリティ(MNP)で、番号はそのまま利用できます。 

■つながりやすさ、スピードはドコモと同じ 
LTE通信、3G通信はドコモの回線を利用しているので、ドコモのケータイやスマートフォンがつながるエリアで利用できます。

■選べる4つの料金プラン 
低価格、無制限なベーシックプラン、動画やネットもスムーズなパックプランなど利用するデータ通信量に合わせて、自分に合ったプランが選べます。 

■楽天のサービスだから超お得! 
楽天グループのアプリを使えば通話やメッセージが無料に!

■楽天スーパーポイントが、使える!貯まる!
・セット販売端末のお支払いに楽天スーパーポイントが使える!


ただ、楽天モバイルの場合、かけ放題サービスはありますが、オプションで5分間のかけ放題なので、普段、長時間話をしない人なら安くなるかもという感じのサービスです。ただ、私のように長話をする人間からすると、5分間は短すぎます。


逆に、普段、長時間話をしない人は格安スマホは便利かもしれないですね。
 

私はよく通話をするので、ドコモのかけ放題サービスが気に入っているので、中々他のサービスに変更できませんが、通話はあまり利用しないという方にはお勧めのサービスだと思います。と、自分の条件に合わせて格安SIMを選ぶことがたいせつですね。