今でも一番使いやすいと感じているブラウザはやっぱりGoogleChromeです。


Windows10にした当初、動作が固まったり、突然、落ちたりしていたんですが、なぜか、現在、落ち着いています。


もしかして、WindowsUpdateか、Chromeの更新で改善したかもしれません。


そして、Google Chrome 58すごいのですが、WindowsOSのバージョン判断し32bit→64bitに自動更新してくれるそうです。


元ネタはこちら。

Google Chrome 58、64ビットWindows環境で32ビット版を64ビット版に自動更新


記事によると、先日安定版がリリースされたGoogle Chrome 58.0.3029.96のWindows版では、32ビット版Chromeの更新時に64ビット版へ移行する機能が搭載されているとのこと。


以下は記事の抜粋です。

対象となるのは4GB以上のメモリーを搭載した64ビットWindows環境で、32ビット版Chromeの更新を実行すると64ビット版が自動でインストールされる。64ビットプログラムを使用することでパフォーマンスや安定性、セキュリティが向上するが、対象の環境では更新時に32ビット版を選択することはできないようだ。Chromeのダウンロードページから32ビット版をインストールすることは可能だが、次バージョンへの更新時にどうなるのかは不明だ。

手元の環境では既に64ビット版のChromeがインストールされていたので確認できなかったが、32ビット版のChrome 57がインストールされた環境を探して更新を実行してみると、64ビット版のChrome 58がインストールされた。

よくGoogleChromeが遅い、重い原因として、64bit版のWindowsに32bit版のGoogleChromeがインストールされているという話がありますが、それが解消されますね。


ただ、今後32bitは完全に消えゆく運命なので、もうしばらくのネタになりますね。