9635cdfaa616e753b023c82fd607ed73_s

良くも悪くも日本の企業は、転職回数を重視する傾向があるので、転職回数が多い場合、マイナスに見られることが多いです。その為、若いうちからなるべく就職先を変えないほうが将来的にも有利かもしれません。


また、年齢についても20代なら業界未経験でも雇ってくれることが多いですが、30代で業界未経験となると、だんだんと雇用の機会が減るのが現状です。例えば、私が働いているIT業界も同様ですが、人手不足が言われていますが、30代からの転職は無理ではありませんが、段々とハードルが上がっていきますし、自分自身も辛くなります。


私の場合は、27歳まで建築現場の日雇い作業員の仕事をしていました。当時は、日当が8千円。保険などはすべて自腹です。アルバイト扱いなので、有休なども出ません。また、仕事がないこともあるので、安定した収入もありません。そんな感じなので、将来の不安はつのるばかりでした。


今は子供二人いますが、当時の収入ではとても生活ができなかったでしょう。仕事選びは本当に重要なのです。特に私の場合は、建築現場でも技術職というよりは、誰でも仕事ができるような内容のことばかりしていたので、このままではまずいとも思っていました。


そこで、知り合いの影響で、27歳にしてIT業界に転職することを決意しました。ただ、地元広島でネットワークエンジニアの求人を発見して、応募をしてみましたが、業界未経験はやはりマイナスでしかなく、応募するも見事に一義審査すら通りませんでした。


やはり、未経験では中々仕事に就くことができないのが現状ですが、やり方はいくつかあります。例えば、未経験から正社員のITインフラエンジニアとして就業できるよう1からサポートてくれるような企業があります。こういったサービスがあるのも、この業界が人手不足であると同時に、インフラエンジニアは育てやすいということもあるかもしれません。


私自身もそうですが、業界未経験からスキルを上げて評価されている人が意外と多いのです。なんにでも言えるかもしれませんが、やはり、本人の努力次第なんですよね。


今から紹介するサービスは、1ヶ月間のネットワークエンジニア養成研修を経て、就職活動までサポートしてくれます。講師を務める現役エンジニアが、代表的なエンジニア資格であるCCNAの取得対策と現場で求められる知識、技術を指導。 


実物のIT機器を使いながら実践力を養えますし、ネットワークエンジニア育成に特化した会社ですので、実機を使った研修が充実していて達成感と習熟度が高いです。ちなみに、、、私の場合は、最初は某ケーブル会社のモデム交換作業員からスタートしました。ある程度、手順が決まっていたので、初心者でもできる仕事でした。そこから、CCNAなどの技術資格を取得し、半年くらいかけて、ネットワークエンジニアとしての仕事に従事することができました。

74c706b9c82d53324e08733837931ca5_s


そして、業界未経験でもネットワークエンジニア、インフラエンジニアになりかい方は、まずはこちらをチェックしてみてください。

 →ネットワークエンジニア始めるならネットビジョンアカデミー(NVA)


まず、私もそうですが、なぜ、インフラエンジニアがお勧めかというと、、、
 
安定した要素
ネットワークは、電気・ガス・水道と並ぶ、生活に必須なインフラです。
無くなる事はまずありません。それから、IT業界は現在人手不足になっています。手に職を付ければ、安定的な需要があります。

入り口のハードルが低い
ご存知の通り、IT業界は人手不足です。そのため、未経験者でも積極的に採用をしています。
向上心と探求心を持っていて、IT業界に興味がある方であればいくらでも飛び込んでいける業界なのです。

確実なステップアップ
現場経験を積み、現場リーダーになったり、CCNPやCCIEなどの上位資格を取ることによってさらに上の現場にいけるようになり、自己の成長にも繋がります。キャリアアップを考えている人にネットワークエンジニアはとても向いているのです。


そうです、まずは人手不足が言えると思いますね。これからさらに不足すると言われており、頑張れば高収入も望めます。


今回紹介した「ネットビジョンアカデミー」では、未経験からITエンジニアを目指す方にネットワークエンジニアになることをオススメしています。


理由として、未経験者からのハードルが低く、手に職をつけることができます。スマホ、クラウド、今後爆発的な発展が見込まれるIoTに関わる通信インフラを支え進化させるエンジニアとして、将来まで見据えた安定したキャリアプランの実現が可能です。

当スクールでは、20代の第2新卒、既卒、フリーター、公務員を目指してた方に、ネットワークエンジニアの資格・就職をサポートします。まずは、1カ月間ネットワークエンジニアとしてのスキルを学び、ネットワークエンジニアの登竜門となるCCNAの資格を取得して頂きます。

現役エンジニアが現場の活きた知恵をご提供します。その後は、就職先をご紹介させて頂き、スキルを活かした仕事を始めます。講座代、テキスト料等は一切無料で受講できます。

人材を確保するのもお金がかかりますし、求人するのにも多額なお金がかかります。だからこそ、実践的な人材を育成して、就職させることがこのサービスの強みなのです。


ちなみに、先ほども書きましたが、応募資格は30歳までとなっています。やはり、行動するなら20代のうちがいいでしょうね。

応募資格 年齢18歳-30歳。
期間中90%以上出席できる方。
入校後2か月目に転職活動可能な方。


また、別の業種から転職したという人の口コミもあります。

●工場勤務からネットワークエンジニアに
講義だけではなく、実機演習もあり、実際の現場に出たときのシュミレーションなども想定した授業があり、ためになりました。また、就職のサポートも手厚く、経歴書や面談練習などもして下さり、自信をもって行くことができました。

私も当時、まともにパソコンが操作できない状態から今の仕事をして、年収600万円以上を実現しているので、本当に頑張り方次第だと思いますね。


業界未経験で、転職、就職が不安という方にお勧めのサービスです。

 →ネットワークエンジニア始めるならネットビジョンアカデミー(NVA) 


続いて、私も利用したことがある、転職サービスを紹介します。

d6fdce893a45a63a3f531f3810a2e4a2_s

そして、今の会社のに不満があるという方で、転職を検討している方にオススメなのが、”workport”です。

>>IT・インターネット・ゲーム業界専門の転職コンシェルジュ【WORKPORT】 


例えば、リクナビなどの転職サイトだと、自分の登録したスカウトを見て、気になった企業がオファーをしてくれますが、中々、自分が思うような企業に巡り合えない場合があります。リクナビはあくまで転職サイトなので、自分でレジュメを入力し、自分で動く必要があります。


しかし、サイトだけの情報だと、企業の細かい情報や求人などから見えない部分が分からない事が多いです。


workportなどの転職エージェントは、企業と仕事を探している人の間に立ち、転職活動で助かるような情報を共有してくれるので、企業を選ぶ際に、欲しい情報が手に入る可能性があります。


求人情報では、確かに企業が欲しい求人が書かれているのですが、それだけでは分からない情報というのが確かに存在する訳です。


その為、私たちのような仕事を探している人と、企業をつないでくれるworkportのような転職エージェントの存在は、より円滑に仕事を探す事ができるようになるのです。

《ワークポートがオススメの4つの理由》
①新規求人と非公開求人多数専任チームが毎日新規求人を発掘中。求人の鮮度は転職成功の大きな要素。鮮度のよい求人を常にお届け致します。また非公開求人が多いため、登録後に御覧いただける求人の多さには自信があります。

②無料セミナーが充実
転職成功の為に数多くのセミナーを開催。まずは転職の基本、履歴書・経歴書の書き方から面接の対策。
そして企業とコラボレーションした採用直結型の企業セミナー。また複数の企業を招き開催する合同セミナーなど。転職を成功へと導くセミナーが揃ってます。

③スケジュール管理ツールがすごい
『eコンシェル』というオリジナルシステムをご提供致します。
スケジュールの管理、選考結果の管理、新規求人のご提案、セミナーのご案内など転職に必要な情報をひとつにおまとめ致します。

④担当コンシェルジュの変更が可能
人材紹介サービスを利用される方の不満のひとつは担当者との相性。ワークポートはこの問題に真摯に向き合った結果、担当コンシェルジュの変更希望受付窓口を設置しました。 
あなたの可能性を相性というささいな事で潰したくはありません。心地よくご利用頂くために、ワークポートがだした答えのひとつです。

職場選び一つで、年収が100万円以上違う事って平気であります。少なくとも最近の現場でのリサーチでは、会社によって地方でも年収100万円近くの差があるようです。特に給料がフラットな会社は、年収が上がりにくいので、注意が必要です。


例えば、ある会社は一年で月収が4万円近く上がった人もいれば、7千円しか上がらないという人もいますので、評価が給料に結びつかない会社には注意が必要です。


安い会社に入ってしまうと、ずっと安い給料でこき使われる事があるので、自分のスキルに対してもらっている給料が少なすぎる!と感じている方は、転職するのもアリだと思います。

>>IT・インターネット・ゲーム業界専門の転職コンシェルジュ【WORKPORT】