medium_5961260280

ITエンジニアは地方よりも東京で働いた方が圧倒的に稼ぎやすいです。ただ、全く稼げないかというと、それは働き方次第である事が分かってきました。


私はこれまでの約10年ほど東京でインフラエンジニアとして働いてきました。東京であれば、仕事が圧倒的に多くて、むしろ人が不足しているので、仕事はいくらでもあります。むしろ、リソース不足で、人材を選べないという状態になることすらあります。


一方、地方は、人材不足と言われながらも、東京ほどではありません。選り好みできるほど仕事がないのが現状です。さらに、年収も東京と比較すると圧倒的に安いです。


その為、地方に戻る場合は、注意が必要な場合があります。


●地方はインフランエンジニアより開発系エンジニアの方が需要が高い

私は最初に勤めた会社が、ネットワークエンジニアを育てると頑張っていた会社だったので、その流れでインフラエンジニアを続けてきました。東京では仕事が多かったので、それでもよかったのですが、地方の場合は、様子が違います。


まず、中小企業の場合は、インフラの規模も大きくないので、情シスの担当者が簡単な開発からインフラの面倒まで見ているという事が多くあります。中小企業の場合、インフラだけで食べていくというのは難しいみたいです。私も何度か、情シスの面接を行いましたが、やはり、開発経験を求められることが多かったです。


インフラエンジニアをしていて、やはり、開発の方がスキルが高いと思いますし、何より、自らサービスを生み出すことができるのが魅力だと思います。私の知り合いで、WEBデザイナーをしている人がいましたが、自分でサイトを作り、自らサービスを提供できるのは、インフラエンジニア以上の強みだと思いました。


これからの時代、自ら稼ぎ出す力を持っている事が重要だと痛感しています。私も開発系エンジニアの経験をしていればよかったと今更ながら思いますが、せっかくインフラエンジニアを10年以上経験しているので、これを武器にしてもっと稼げるようになりたいと思っています。


その為に、今年からはフリーランスとして地方でどれくらい稼げるようになるかを模索したいと思います。


●地方でもフリーランスであれば月収50万円以上も可能!

先に書いた通り、地方でもフリーランスであれば月収50万円以上稼げる事が分かってきました。今は、福岡在住ですが、そもそも、地方にはフリーランスという働き方がないのだと思っていました。


それが、いざ、探してみるとフリーランスの仕事もある事が分かりました。フリーランスをする前は、月収が24万円でしたが、フリーランスをすることで月収50万円以上稼ぐ事も可能です。


つまり、年収が単純に倍になります。また、フリーランスの場合、仕事上で必要な支払いを経費として出すことができるので、節税対策にもなります。


おそらく、突然、フリーランスを選ぶのは大変かもしれませんが、ある程度、技術力に自信があるならフリーランスの方が稼げるのでオススメです。さらに、仕事を紹介してくれるエージェントの会社とやりとりをしていて、ははりインフラよりも開発系の案件の方が圧倒的に多いそうです。


地方で働くなら、インフラエンジニアの経験よりも、開発のスキルの方が圧倒的に需要が高いです。地方にっ戻りたいけど、給料が下がるのは、、、と思っている方は、フリーランスの働き方を考えてみるのも一つですね。


837608b1ba0d6ad7ed3977270dba2645_s

ということで、地方でフリーランスの仕事を探している方にお勧めの会社がこちらです。開発系の案件から、もちろんインフラの案件まであります。東京、大阪、名古屋あたりであれば、どちらも案件も多くあると思います。

>>フリーランスITエンジニアの案件・求人情報サイト【ギークスジョブ】 


ギークスジョブはフリーランス・フリーエンジニアの登録数が7,500名を超える、案件検索サイトです。運営会社であるギークスは12年以上の実績を持ち、「豊富な案件数」と「懇切丁寧な対応」を強みとしています。


こちらの会社もフリーランスの案件を紹介しているサイトで、フリーランスに必要な情報がサイトないに丁寧に書かれています。


サイトを訪問するだけで、フリーランスとは何なのか、どういった事をしなければならないのかを学べるので、これからフリーランスになって年収をアップさせたい人にオススメです。


実際に、サイトを通じて年収があがった人の参考です。

WEBプログラマー 年収350万円⇒年収600万円
WEBプログラマー Mさん(28歳・男性)

略歴 IT系の専門学校を卒業後、小さなソフトハウス会社に就職。5年前に独立し、エンジニアとしては9年目。元々は汎用系のCOBOLエンジニアでしたが、スキルチェンジをし、今ではWEBプログラマーとして活躍中。

以下は私と同じインフラエンジニアの方ですね。なんと年収が900万円!これがエンジニアで頑張る醍醐味ですね。
インフラエンジニア 年収550万円⇒年収900万円
インフラエンジニア Tさん(42歳・男性)
略歴 4年制大学を卒業後、メーカー系Sier企業に就職。5年前に独立し、エンジニアとしては15年目。在籍中はシステム運用・保守から始まり、徐々にサーバーやネットワーク案件を任され、現在でもインフラエンジニアとして活躍中。
経験スキル Linux、Cisco、AWS など

単純に考えて、フリーランスになれば、派遣会社がとっている利益などを引かれる訳ですから、給料が上がらない訳がありません。フリーランスになると個人事業主になるので、自分で確定申告をする必要がありますが、やってみると意外と簡単だし、これはたいした弊害にならないと思います。


また、確定申告をする場合は、やよいの青色申告が使いやすくて便利です。最近は、オンラインでも使えるようになったので、パソコン環境に依存せずに使えるので、オススメです。
 
>>やよいの青色申告オンライン 
 

「やよいの青色申告オンライン」「やよいの白色申告オンライン」は会計ソフト売上実績No.1の弥生が提供する、フリーランス・個人事業主向けクラウド会計ソフトです。私も副業で稼いでいるので、やよいを利用しています。


【Point1】ダントツの価格メリット
・無料体験版   <最大2か月0円>
・セルフプラン  <初年度0円!> ★人気プラン
・ベーシックプラン<初年度半額!> ★オススメ

【Point2】かんたん、やさしい
・かんたん取引入力
日付や金額など確定申告に必要な入力項目だけで取引情報を入力。

・スマート取引取込
銀行明細、クレジットカードなどの取引データを自動取込&自動仕訳。

・確定申告書の作成
ガイダンスに沿って入力するだけで書類を作成&控除額を自動計算。

【Point3】業界最大規模のサポート力
ベーシックプランでは電話・メールで操作方法はもちろん、確定申告を徹底フォロー!!

【Point4】クラウドならではのメリット
MacでもWindowsでも使える!
いつでも最新バージョン!
インストール不要でパソコン軽々!
マシントラブルでも自動バックアップだから安心!


多少やることは増えますが、そこから得られるものは色々と大きいと思いますので、本格的に稼ぎたい方は、フリーランスがオススメですね。


多くの場合は、給料が上がる事になると思いますので、貯まった貯金はしっかりと資産運用すれば、将来的にも安心ですよね。