0d3edeeaf286d8ea4f1ec5c164fe1442_s

インフラのシステムエンジニアをスタートしてなんだかんだで12年が経過しました。途中、辛くて辞めようと思った時期もありましたが、なんとか乗り越えて満足できる年収を稼ぐことができています。


ただ、派遣会社によっては、給料が激やすということがあります。東京で働いている時は、基本給が45万円ありましたが、福岡にに移住して派遣会社に勤めているのですが、給料が安すぎて泣けてきました。それがあって、今はフリーエンジニアをしているんですけどね。

ちなみに私が最初に就職した派遣会社は、正社員で初任給は手取りで15万円です。残業をしてようやく手取りが20万円いくくらいの会社です。それで家族を養っていかなければなりません。関東で働いている時は、手取りは最低でも35万円くらいあり、多い時は60万円くらいありました。


福岡に移住して、手取りが半分くらいになりました。東京でどれだけ仕事を頑張っていても、地方に移住した途端、ゼロスタートです(会社によります)。私も選択を誤ったのですが、大手の派遣会社に入れば多少は安心かと思ったら、ブラック企業でした。


まず、給料が激安。家庭を持っていても、独身でも給料が変わりません。そして、経験があっても、未経験と2万円しか変わりません。さらに、ボーナスが割とあると聞いていたので、少しはあてにしていたのですが、なんと15万円しかありませんでした。


年間で30万円のボーナスしかありません。普通に残業なしで計算したら、なんと、、、手取りは210万円。間違いなく貧困層ですね。就職する会社を間違いなく誤りました。その為、給料が安い会社で働いている場合は、転職したほうがいいです。


アメリカのITシステムエンジニアは年収2000万円!日本は給料が安すぎる

そして、愛読している日刊SPAで面白い内容が書かれていました。こちら、

アメリカ帰りの30代エンジニア、年収2000万円からの転落「収入は3分の1に、酒しか楽しみがない」


こちらの記事は、アメリカのシリコンバレーでエンジニアとして活躍していた30代男性の“転落途中”の姿をお届けしたいというものです。


アメリカは能力主義と言われますが、なんと年収が2000万円ほどあったそうです。ただ、物価も異常に高いですけど。なんとラーメンが2000円。

 帰国寸前の2年前、本田さんの年収は2000万円を超えていた。家賃や物価の高騰が続くアメリカ・ベイエリアで生活していたため、ワンルームでも50万円を超えるマンションに住み、一杯2000円のラーメンを食べて、寂しさを紛らわす。


金額だけ聞いたらすごいですね。

どんなに業績の良い企業であっても、プロジェクトの中止が決定すると、携わるエンジニアは一斉に解雇されたり、配置転換を余儀なくされる。ただ「レイオフ」された労働者には多額の退職金が支払われたり、もともと超高給取りだった彼らは、無職期間でバカンスを過ごすなど、日本文化のそれとはかなりニュアンスが異なる。


そう、東京で知り合ったフリーエンジニアも同じような考え方をしていましたが、短期間で稼いで、仕事がないときは休むそうです。東京のフリーエンジニアは、月収75万円以上は稼げますからね。

「朝起きて仕事をして、遅くまで残業して帰る。勤務先の近くには、小さな居酒屋とか安い風俗店しかなく、遊びに行ったところでむなしいだけ。最近の楽しみといえば、自宅に帰ってきて酒を飲みながらビットコインや株取引をすることぐらい」


アメリカでお酒を飲まなかったけど、日本で飲むようになったのは、仕事やプライベートが充実していないからでしょうね。日本って頑張って働いても、大した給料がもらえないことが多いので、いかに社員還元してくれる会社に入るかがカギになりますね。


私も紹介で、派遣会社ですが、年収600万円稼ぐことができますが、これも、知人の紹介があったからですし、会社選びは慎重に行ったほうがいいですね。


d6fdce893a45a63a3f531f3810a2e4a2_s

そして、今の会社のに不満があるという方で、転職を検討している方にオススメなのが、”workport”です。

>>IT・インターネット・ゲーム業界専門の転職コンシェルジュ【WORKPORT】 


例えば、リクナビなどの転職サイトだと、自分の登録したスカウトを見て、気になった企業がオファーをしてくれますが、中々、自分が思うような企業に巡り合えない場合があります。リクナビはあくまで転職サイトなので、自分でレジュメを入力し、自分で動く必要があります。


しかし、サイトだけの情報だと、企業の細かい情報や求人などから見えない部分が分からない事が多いです。


workportなどの転職エージェントは、企業と仕事を探している人の間に立ち、転職活動で助かるような情報を共有してくれるので、企業を選ぶ際に、欲しい情報が手に入る可能性があります。


求人情報では、確かに企業が欲しい求人が書かれているのですが、それだけでは分からない情報というのが確かに存在する訳です。


その為、私たちのような仕事を探している人と、企業をつないでくれるworkportのような転職エージェントの存在は、より円滑に仕事を探す事ができるようになるのです。

《ワークポートがオススメの4つの理由》
①新規求人と非公開求人多数専任チームが毎日新規求人を発掘中。求人の鮮度は転職成功の大きな要素。鮮度のよい求人を常にお届け致します。また非公開求人が多いため、登録後に御覧いただける求人の多さには自信があります。

②無料セミナーが充実
転職成功の為に数多くのセミナーを開催。まずは転職の基本、履歴書・経歴書の書き方から面接の対策。
そして企業とコラボレーションした採用直結型の企業セミナー。また複数の企業を招き開催する合同セミナーなど。転職を成功へと導くセミナーが揃ってます。

③スケジュール管理ツールがすごい
『eコンシェル』というオリジナルシステムをご提供致します。
スケジュールの管理、選考結果の管理、新規求人のご提案、セミナーのご案内など転職に必要な情報をひとつにおまとめ致します。

④担当コンシェルジュの変更が可能
人材紹介サービスを利用される方の不満のひとつは担当者との相性。ワークポートはこの問題に真摯に向き合った結果、担当コンシェルジュの変更希望受付窓口を設置しました。 
あなたの可能性を相性というささいな事で潰したくはありません。心地よくご利用頂くために、ワークポートがだした答えのひとつです。

職場選び一つで、年収が100万円以上違う事って平気であります。


安い会社に入ってしまうと、ずっと安い給料でこき使われる事があるので、自分のスキルに対してもらっている給料が少なすぎる!と感じている方は、転職するのもアリだと思います。

>>IT・インターネット・ゲーム業界専門の転職コンシェルジュ【WORKPORT】