b64ad31ab6417df458cdcf0ab63101d5_s

今、時代が変わってきていて、女性も働き続ける人が増えていますが、結婚の考え方自体も変わってきたのではないでしょうか。


もしかしたら結婚がゴールではなくなっているケースもあるのかもしれませんが、ただ、老後が寂しい気がしますよね。そして、気になるのが私の周りで離婚する人が増えていること。


離婚って子供からしたらとても大きな問題ですが、夫婦間でもう限界がきている、、、むしろ、奥さん側が限界を感じているのかもしれないですね。


私が感じるのは、離婚する夫婦は旦那さんが家庭に興味がないケースが多い気がします。このままこの人と添い遂げるのが無理と思っているのでしょうか。


そして、興味がないくらいならまだいいですが、DVやモラハラをする旦那もいるようです。熟年離婚間近かもしれない、旦那はモラハラ夫かもと思った時に使えるチェック方法が紹介されています。元記事はこちら。

あなたの夫は大丈夫!? モラハラ夫に毎日「役立たず」と侮辱される妻の叫び


記事によると、モラハラとは精神的なDVのことで、実は近年、離婚の原因となることが多いそうです。殴るのがDVですね。

 例えば1998年に結婚し、おしどり夫婦としてメディアで活躍してきた高橋ジョージと三船美佳。2015年に離婚訴訟中であることを発表し、三船は夫・高橋から「お前は人間としての価値もない」などとモラハラを受けたと訴えた。高橋はモラハラ疑惑を否定。最終的には三船が裁判を取り下げることで、2016年に協議離婚が成立した。このような出来事は、芸能界だけに起こっていることではない。一般の妻たちもモラハラ夫に悩んでいるのだ。


もしかしたら私の夫もモラハラ夫かも…と思った方は以下のリストをチェックというのが使えます。

□何度もしつこく説教したり問いつめる
□メールや電話、外出先で会う相手などをチェックするなど束縛する
□発言や行為などをダメ出ししたり「母親失格」「頭が悪い」「役立たず」などと悪口を言ったり侮辱する
□怒鳴る、強く命令する
□何を言っても無視する
□仕事に就かせない
□自分の収入や資産を教えない


あなたの夫はいくつ当てはまっただろうか。また、モラハラ夫の中には、外面は良く、他人から見ると良い夫に見えるケースも多いという。「え、こんなキレイで余裕のある生活を送っていそうな人が、“モラハラ夫”の被害者?と思うことがあるので驚きます」と、あるセレブ向け雑誌のライターは明かす。表向きの華やかな姿とは違う、セレブ妻たちの意外な実態を紹介しよう。


以前も書きましたが、「誰のおかげで飯が食べれているんだ!」という人がモラハラです。後、隠れモラハラは、キレたら、「家から出ていけ!」ですね。これもかなり最低です。


続いて、夫を恐怖に感じるようになった主婦が紹介されています。


かわらいらしい印象の専業主婦Mさん。でも夫から子供の前でも関係なく「本当に役立たずだね」「母親失格」と毎日のようにいわれるそう。でもMさんは専業主婦だし、その通りだと思ってしまい口答えをしたことがないそう。外資系金融機関勤務で稼いでいる夫だが、家計は全て夫が握り、生活費を追加でもらうときは、レシートをつけて何のために使ったのかプレゼンしなくてはいけないそう。しかも自分と子どもの洋服は好きなだけ買うけれど、Mさんは買ってもらえず、Mさんは実家の母に時々買ってもらうという。


仕事を自宅に持って帰るのもモラハラの特徴かもしれません。主婦にプレゼンって。。


「なんでこんなくだらないもの見てるんだ」と言われるから、夫が帰ってくる前にTVは消すしLINEもよくチェックされます、とMさん。でも週末、子どもの習い事の送迎や、ママ友には愛想良く話すので、「ほんといいパパだよね」とママ友から言われるほど夫は一見いいパパに見えるという。ある日、「モラハラ」関連のニュースを見て、うちの夫はモラハラかもしれないと初めて気づいたという。


ここで判断が難しいのが、旦那さんが稼いでいる場合ですかね。離婚して生活が、、、と考えると中々離婚ができないでしょう。そして、年齢が上がると、相手も見つけにくいですからね。


 専業主婦ではなく、バリバリ働くAさんもモラハラを受けていたという。仕事の話をすると「自慢して楽しい?」と数週間無視が始まり、食事を出しても一切食べず、理由を聞いても「全部お前の責任だ」の繰り返しばかりだったという。テキパキ仕事をこなす印象のAさんでも育児や家事を手伝ってもらっているという引け目から言い返せなかったし、夫を恐怖に感じるようになったそう。


記事にもありますがモラハラを受けているかは妻自身で気づきにくいそうです。世の中、多くの女性が夫の我慢に耐えているのだと思いますが、モラハラ夫に限界を感じるようになったら離婚は近いかもしれません。ある日、我慢の限界が突如訪れるかもしれないですよ。