ba3b0ee7989a1aca7d954abf254bf4a6_s

今、当たり前にスマホを使っていると思います。さらに言うと、スマホがないと不安という人もいるのではないでしょうか。


私もスマホ中心の生活になっているので、スマホのバッテリーがないだけで不安になります。それだけスマホは重要なツールだということですね。


そして、外でスマホを使うときに公衆無線LAN、所謂フリーWi-Fiを利用するケースもあると思います。


無線LANはLTEの回線を利用しないので、使いたい放題で便利な反面、盗聴される可能性もあるので利用には注意が必要です。


公衆のWi-Fiスポットでは、利便性を優先するため、次のようなネットワークが多いのが実情です。

・暗号化されていない
・認証レベルが低い


また悪意あるハッカーが盗聴目的で無料のWi-Fiスポットを設置していることもあります。これらのネットワークでは、盗聴の恐れがあります。スマホの普及に伴いその恐れ危険性は増大しています。


ちなみに、盗聴されると次のような被害にあう可能性があります。

・パスワード、クレジットカード情報などの盗難
・アカウントを乗っ取られる


その為、安易に公衆無線につなげて、ID、PWなどを入力するのは危険です。
pc_sec_000898_15


ただ、便利だから使いたい!という方にお勧めのサービスがあります。それが「Wi-Fi セキュリティ プレミアム」です。


ウイルス対策ソフトでは防げない危険をブロック

一般的なウイルス対策ソフトは端末内のデータを保護するもので、端末から送信され一旦ネットワーク上に乗った情報には無防備です。「Wi-Fiセキュリティ」のVPN(Virtual Private Network=仮想の専用線)サービスなら守れます。


【Wi-Fi セキュリティの主な特長】

マルチデバイス対応、端末を丸ごと暗号化
Wi-Fi セキュリティは、Windows / Mac / iOS / Android のマルチプラットフォームに対応し、同一ユーザーに限り、1つのライセンスキーでプラットフォームを選ばず5台まで保護して、端末上のネットワークを丸ごと暗号化できます。一部のSSL認証に対応していないサービスやアプリでも、通信を暗号化して使用できます


フィッシングサイトもブロック
いくら通信を暗号化しても、悪意あるフィッシングサイトに自ら情報を送信してしまえば、当然フィッシングサイト犯にログイン情報などを盗まれてしまいます。Wi-Fi セキュリティにはフィッシング対策機能があり、フィッシングサイトに接続しようとすると自動でブロックされます。

Wi-Fi セキュリティ:フィッシングサイトもブロック
閲覧先サイトにIPアドレスを残さない、匿名アクセス
VPNを使用すれば、アクセスは匿名化されるため、怪しい安全かどうか不安なWebサイトにアクセスしたり、掲示板に書き込んだりチャットをしても、サイト管理者や第三者にIPアドレスを見られることはありません。

海外のWebサイトにもアクセスできる
一部のWebサイトやサービスは自国からのアクセスのみを許可しており、日本からではアクセスできない場合があります。Wi-Fi セキュリティでは、世界各国※から物理的なVPNサーバーの接続先を選択できます。接続先として米国のIPアドレスを選択すれば、米国内からのアクセスと同じようにWebサイトやサービスにアクセスでき、普段利用できないコンテンツも利用可能になります。

ed27beab7a9c23010a60545025dc10b9_s

 
世界で5億ダウンロードを記録
「Wi-Fiセキュリティ」は、個人向けVPNサービスとして、世界中で使われ、高い評価を受けている米国・AnchorFree社の「Hotspot Shield」の有料版です。 無料版を含むHotspot Shieldの累計ダウンロード数は5億を超えています。
(2017年6月時点AnchorFree社調べ)


新たにプレムアム版が登場
使用期限のない(注)、プレミアム版がラインナップに加わりました。
注)最初に登録した1ユーザーのみが、そのHotspot Shieldアカウントを使い続ける限りご利用いただけますが、メーカーサポートの終了したOS/端末での動作はサポート対象外です。


パソコン、スマホ、タブレットで5台まで使える
本製品は、無料サービスにはない数々のメリットを備えています。


動作環境
対応OS:
Windows® 10 (32ビット/64ビット版)
Windows® 8.1(32ビット/64ビット版)
Windows® 7(32ビット/64ビット版)
Intel Mac
Android
iOS
※iOS: OS7以上
※Android: OS4.0以上
※Mac: 10.7以上
<Windows>
CPU: 400MHz以上(1GHz以上推奨)
インストール容量: 約15MB
必要メモリ容量: 512MB以上(1GB以上推奨)
webブラウザ: Internet Explorer 7以上、Firefox、Google Chrome、Opera
<OS X (Mac)>
CPU: Intelプロセッサ
インストール容量: 約10MB
必要メモリ容量: お使いのOSが推奨する環境以上
webブラウザ: Safari、Opera、Chrome
 <iOS>
端末: iPhone(全世代)、iPad(全世代)、iPad Mini、iPod Touch
インストール容量: 約3MB
<Android>
インストール容量: 約10MB


公衆無線LANを安全に利用したいという方は、是非、チェックしてみてください。

>>Wi-Fi セキュリティ