3362f7e1e2375476e58de70945b94ce0_s

少子高齢化が進む日本。その中で、老後の安心の為に、不動産投資を実践している人が増えていますが、日本の不動産投資は以前よりもスキルが要求されるようになっています。


特に地方は空き家が増えているので、下手に田舎は手を出さないほうがいいかもしれないですね。


やっぱり人が集まる人気エリアがいいと思います。重要なのは、人が集まることですね。


そして、訪日外国人客2,400万人突破で高まる不動産投資への期待とその展望について紹介したいと思います。


■訪日外国人客2,400万人突破!高まる不動産投資への期待

2016年の訪日外国人客が2,400万人を突破しました。日本は観光立国として、ビジネス拠点として、世界中から人が集まる国へと進化しています。
 
2020年には東京オリンピックを控え、今後も世界からの注目が集まるなか、これからの日本の発展は不動産投資にどのように影響するのでしょうか。


●訪日外国人客2,400万人突破
1月10日、国土交通省の発表によると2016年の訪日外国人客は、2,403万9,000人に上りました。

2015年の1,973万409人を21.8%も上回り、4年連続で過去最高を更新しています。国別で見ると中国、韓国、台湾からの訪日客が大幅に増加しています。
 
これはビザの戦略的緩和や消費税の免税拡充などが功を奏したと見られ、外国人観光客の消費による経済効果も大きくなっています。
 
政府は2020年に訪日客4,000万人の目標を掲げていて、順調に訪日外国人客を増やしています。

格安航空会社(LCC)などの航空路線拡充も進み、今後も外国人の受け入れ態勢が整備されていく流れです。


●統合型リゾート(IR)誘致の動きも
カジノを中心とした統合型リゾート(IR: Integrated Resort)の誘致を目指す自治体の動きも目立ってきています。IRとは自治体の申請に基づき設置される、カジノ、国際会議場、ホテル、商業施設などが一体となった複合観光集客施設のことを指します。地元経済の活性化や再開発を促し、観光やビジネスの振興へとつなげる狙いです。
 
各自治体では、誘致に向けて具体的な経済効果の試算結果を公表するなど積極的な動きが見られています。大阪府と大阪市は臨海部の人工島夢洲(ゆめしま)を国際博覧会(万博)とIR両方の候補地として臨海部開発の起爆剤にしたい模様です。
 
東京都も石原都知事時代からお台場にカジノを設置する構想があり、現在も検討が進められています。


●大都市への人口集中
海外からの観光客は大都市を中心に呼び込まれ、日本の人口集中の度合いはさらに大都市へと偏る傾向にあります。

労働環境にしてもITなどのイノベーション産業を支える人材、いわゆるクリエイティブクラスは、特に東京都心部に集まる傾向にあります。都心集積によるシナジー効果にビジネスチャンスを狙うことで、企業も新たなイノベーションが期待できます。また、社員がオフィスの近くに住むと補助金を出す企業もあり、より東京都心部へと密集する流れは今後も強まりそうです。


●東京都心に投資のチャンス
観光やビジネスで多くの人が集まる東京。この勢いは、とどまる気配がありません。
 
訪日外国人客の増加で、様々な目的で東京に在住する人が増えることが予想されます。ITや金融などのベンチャー企業が渋谷や六本木など都心ブランド立地へ拠点を置くのも注目で人が集まる都市、東京の今後の経済発展の行方にいっそう期待が高まります。
 
そこには不動産投資のビジネスチャンスも眠っているのです。

交通や文化、商業の拠点となるエリアで不動産投資をすれば、入居者の需要は安定的に見込めます。周囲がさらなる発展をすれば、物件の価値もつられていきます。
 
多くの人が不動産投資の可能性に気付く前に、検討してみてはいかがでしょうか。東京には今、そのチャンスがあるのです。


そして、空室率が低く、入居率は99%の不動産投資商品を紹介している会社があります。


クレアスライフグループは投資用マンション販売や管理・運営を行っており、創業31年で350棟以上の投資マンション開発の実績を誇っています。

コンシェリアの特徴

 
そして、メインの"コンシェリア"という不動産投資サービスでは、圧倒的な好立地に建つハイグレードなワンルームマンションをメインに開発から分譲まで手掛けています。


【コンシェリアの強み】
1、圧倒的な好立地という点と、ハイグレード!
2、好立地なマンションは土地の価値が下がりにくくローリスクな運用ができ、ハイグレードなマンションは高い家賃を維持できます!


コンシェリアの提供するワンルームマンションは、人気の山手線沿線のエリア、山手線内側エリア、文教エリアなどの超一等地なので、土地価格の値下がりの心配が少ないので、リスクを低減させることができます。


最近では、老後の不安から不動産投資を実践する人が増えていますが、空室が増え、収入が入ってこなければ意味がありません。


その為、利回りもそうですが、空室リスクの少ないエリアを選択するのも賢し選択になります。


これから東京で不動産投資を検討している方は、是非、チェックしてみてください。

>>老後の収入源として!投資用マンション【コンシェリア】