最近、家庭の問題で殺害に至るニュース記事が増えて怖いですよね。本当は家族って助け合ったり、励ましあったりするものだと思うのですが、お互いに罵倒しあうようになると、家庭崩壊が近いのかもしれません。


そして、宮城県登米市酔った父親が飲酒状態だったそうです。宅放火で3人死亡しています。


元記事はこちら。
自宅放火で3人死亡 逮捕の父親は飲酒状態


記事では、4日、宮城県登米市の住宅で焼け跡から3人の遺体が見つかった火事で、放火の疑いで逮捕された父親が5日、送検されたそうで、びっくりするのが逮捕当時、父親は酒を飲んだ状態だったことが分かったそうです。


つまり、お酒の勢いで誤った行動をした可能性があります。

 送検されたのは、島谷嘉昭容疑者(40)。警察によると、島谷容疑者は、4日午前2時半ごろ、登米市内の自宅で布団にライターで火をつけた放火の疑いがもたれている。

 この火事で、焼け跡から妻の島谷美由さん(31)、長女の真央ちゃん(3)、二男の叶佑ちゃん(1)とみられる3人の遺体が見つかった。

 警察によると、島谷容疑者は自宅から車で逃走し、7キロ離れたところで追跡したパトカーの警察官に緊急逮捕された。逮捕時は酒を飲んだ状態だったという。

 妻の美由さんは2、3年前に複数回、家庭内トラブルで警察に相談していた。警察では、殺人容疑も視野に動機などについて調べを進める方針。

お酒を飲むと判断がおかしくなることがありますが、後悔先に立たずですから、この方も酔いが冷めて後悔しているかもしれないですね。