120def697f48ab695e43eff403307195_s

先日、前の現場の同僚と飲み会をしたんですが、みんな仕事に対して前向きで、それぞれ新しい道に進むことになり、プラスの連鎖が続いている気がします。元々は地方の派遣会社に勤めていましたが、仕事の評価に対して給料が安すぎたので、まずは私が会社を辞めてフリーランスになりました。


フリーランスエンジニアとして働きだしてから2年以上が経過しますが、フリーランスエンジニアは派遣時代よりも稼げるようになるのが一番の魅力です。後、常駐業務であれば、顧客の評価があがって、単価が上がれば、当然、そのまま報酬アップにつながります。



上述した通り、私はかつて福岡の派遣会社で働いていたことがありますが、派遣の場合は、会社によって信じられないくらい搾取率が高いケースがあるので、注意が必要です。


例えば、顧客への請求は60万円支払っているのに、基本給が22万円とか。派遣会社や派遣社員の職種によって多少の違いはありますが、派遣料金の70%は派遣社員の賃金が占めているというのが普通です。


つまり、60万円であれば、40万円は支払うべきなのです。15%は有給や、社会保険です。こういったお金をとっておきながら、派遣会社は平気で搾取してきます。私が勤めていた会社は、どれだけスキルがあっても年に1万円も給料が上がらないし、搾取率もひどいので、辞めて大正解でした。一年で見切りをつけたので、被害は小さいですが。


スキルや経験があるなら、派遣会社に勤めるよりも、フリーランスエンジニアとして働いたほうが、中間マージンがとられない分、お金を稼ぐことができます。



ただ、個人でやっていくのは不安という方は、若い時はフリーランスとして働き、ある程度の年齢になったら会社に所属するという方法もあります。


実際、40代になってもスキル、ヒューマンスキルの評価がよければ仕事は継続的にもらえる可能性があります。実際、今の現場でも40代、50代のエンジニアが現役で働いています。


そういった考えなら、派遣会社に勤めるというのも実はリスクがあるんではないかと思うんですよね。個人的には派遣会社で働くなら、フリーランスとして働くのもたいして変わらないと思います。


一方で、正社員として働くという発想があるなら、中途半端に派遣会社に勤めるより、早くから正社員として働いたほうがいいと思います。と、重要なのは自分がどうやってお金を稼ぐか、将来を考えるかではないでしょうか。


例えば、私は副業も駆使して、短期間である程度の収入を得たいと思っているので、とにかく収益重視にしていますが、人によっては、不安という方は、会社勤めのほうが安心でしょう。


さらに言うと、今の時代、どういったビジネスが稼ぎ続けられるか分からないですからね。ただ、しばらくは人材不足が言われている以上、人材が不足していて、高収入の仕事を選ぶのは、賢い選択だと思います。


広島は家賃が安くてマイホームが買いやすい

広島で働く魅力の一つとして、家賃が安いことにあります。福岡もそこそこ安いですが、広島の方が安い印象があります。実際、私の家族も1000万円台で3LDKの中古マンションを中区で購入で着ています。


場所をそこまで中心部にしなければ、かなり安くマンションが買えると思います。私もマンションがいいので、中古マンションを購入しようか検討しています。また、少し離れて西区とかにすれば、かなり家賃も下がります。


例えば、横川や己斐なども人気がありますね。また、最近は安佐南も開発が進んでいて人気が出ているそうです。私は広島市の中区に住んでいるので必然的に中区に住むことになります。また、地元が広島の場合は、親に子供の面倒を見てもらうこともできるのがいいですね。


家賃って生活費の中で占める割合が多いので、安いと助かりますよね。とりあえず今は、中区で家賃7~8万円の2LDK、3LDKのマンションを探しています。ひとり暮らしなら、4、5万円だせば十分広いマンションに住めると思います。


広島は美味しい料理が意外と多く、特にB級グルメがお勧め

広島で働く魅力はやっぱり料理がおいしい事にあります。例えば、広島でお勧めの料理と言えば、やっぱり牡蠣ですね。牡蠣は安くはありませんが、広島に住んでいるなら絶対に食べたい料理の一つです。


また、B級グルメなら、やっぱり広島風お好み焼きですかね。九州で出会う人の多くは、関西風のお好み焼きより、広島風お好み焼きのほうが好きという人が多いし、私もめちゃくちゃ好きな料理の一つです。


私は広島に住んでいる頃、広島で有名なお好み焼き屋さんの「八昌」に週に3回は通っていました。それだけ通っても飽きないくらい美味しかったです。



ちなみに、全然有名ではありませんが、個人的に大好きなお店がいくつもあり、広島に帰ったら必ず訪問する隠れた名店があります。最近、広島に帰省しましたが、色んなジャンルのラーメン屋さんも増えていて、なんと家系ラーメン、魚介系のつけ麺やさんもできています。


また、広島で最近有名になっているのが、汁なし担々麵です。これが本当に美味しいです。山椒が効いて、ピリ辛好きにはたまらないと思います。後、個人的に好きなのがホルモン天ぷらです。これ、本当に美味しいので、広島に住んでいる方でなくても、訪問時に食べてもらいたいですね。


地方に住むメリットは満員電車から解放されること

広島に限りませんが、地方に住むメリットの一つは毎日の通勤で発生する満員電車から解放される事です。数年前は千葉の行徳に住んでいましたが、場所によっては片道1時間半かかることがありました。自宅の到着が19時だったら早いと思っていましたが、地方の場合は、18時台に帰宅できます。


以前広島で働いていた時、広島市中区に住んでいたので、職場まで自転車で10分で通えた事もあり、朝の8時まで寝ていても、余裕で仕事に間に合いました。


今は、朝の7時くらいに起きて、通勤に1時間かかっているので、毎日の通勤で合計2時間近く差がうまれます。


さらに、通勤場所にもよりますが、関東程、ひどい満員電車にはならないので、ストレスも軽減されます。先日も見ましたが、東京メトロ銀座線で、朝からサラリーマン二人が殴り合いをしていました。。。


関東のサラリーマンは常に様々なストレスを抱えているように見えるのは私だけでしょうか。ただ、地方に移住しても職場や中心部から離れると当然、通勤時間がかかるのは東京と一緒ですが、あれほどの満員電車ではないので、通勤ストレスは確実に軽減されると思います。


広島でITフリーランスエンジニアで働く場合にお勧めのエージェント会社を紹介


でITフリーランスエンジニで働く場合にお勧めのエージェント会社を紹介します。まず、選ぶ際に、複数のエージェントに登録しておくといいと思います。


地方の場合は、同じ案件を両社から受けることがありますが、実際に自分に入ってくる報酬を比較することができるからです。例えば、同じ案件でもA社は54万円、B社は49万円という差額があるケースがありますし、実際に私もそれを経験しています。


5万円の差額って結構、大きいのではないでしょうか。年間で60万円も差がでてきます。


続いて、報酬額のほかに気にしたほうがいいかもしれないのは、派遣業をしているかどうかです。最近では、現場で契約している会社の正社員が必ず一人はいないといけないという厳しいルールがあるケースがあります。


その場合は、フリーランスエンジニアの場合は、会社に所属していないので、契約できないケースがあるからです。派遣とフリーランスの両方の契約ができる会社は、ある意味、動きやすいともいえるかもしれません。


では、私も住んでいる福岡でお勧めのフリーランスエンジニア向けのお勧めのエージェントを紹介します。

120def697f48ab695e43eff403307195_s


●設立から四半世紀!フリーランスエンジニアの独立をサポート【PE-BANK】

フリーランスエンジニア向けサービスの中でも歴史が長いエージェントです。登録者の年齢層が比較的高く、安定感のあるサポートが特徴で、一人ひとりとしっかり向き合い、その人にあった案件を提案するサービスです。

ITエンジニアの方へ総合的なサポートをお約束します。【Pe-BANK】


Pe-BANKの魅力であるサポートとは?

スキルに見合った収入を得ることが出来ます。

ITエンジニアのための、ITエンジニアによる組織です。ITエンジニアが適切なスキルのお仕事に集中し、スキルに見合った収入を得られるように支援する会社です。

また、ITエンジニアがIT個人事業主(フリーエンジニア)として独立するということは、様々なリスクに自分自身で備えなければならない、ということでもあります。今まで経験したことがなかった営業行為や税務処理、保証や保険の問題、健康やスキルアップへの不安・・・IT個人事業主(フリーエンジニア)を目指す人なら、誰でも抱くであろう様々な問題に応えるべく、Pe-Bankでは多彩なサポート・サービスを用意しています。
 

●営業代行・事務手続き代行
ITビジネスの黎明期から今日まで数多くのIT個人事業主(フリーエンジニア)をサポートしてきた当社では、発注者となるクライアント企業も今や750社を超え、常時5万件超の案件を取り扱っています。私たちは、その中からプロエンジニアのスキルレベルにマッチしたプロジェクトをご紹介しています。

●「確定申告」もしっかりサポート
最高65万円の青色申告特別控除、減価償却の特例適用など、「白色申告」にはない特典を備えている「青色申告」。ところが一方で厳格な帳簿作成などがネックになり、「青色申告」は多くのIT個人事業主(フリーエンジニア)にとって、ハードルが高いのも事実。当社は、サポートの一貫として、「青色申告」をフルサポートしています。

●充実の福利厚生
たとえば病気やケガなどで入院した場合の医療費給付や事業資金の貸付など万が一のときでも心強いのが当社独自の「共済会」制度。IT個人事業主(フリーエンジニア)として働く上で、もっとも気になる事業保障や生活保障を当社が力強くサポート。さらに、「健康」「レジャー」「ショッピング」など、IT個人事業主(フリーエンジニア)として幸せを掴むための様々なメニューをご用意しております。

●日々刷新されるITテクノロジー。
その最新動向をキャッチアップすること、必要なスキルや資格の獲得は、ITエンジニアにとって生命線とも言えるファクター。当社では、プロエンジニアが自らの市場価値を高めるために有効なスキルアップセミナー、勉強会、さらに資格試験等の補助金制度などご用意しております。


私は利用したことがありませんが、福利厚生が充実しているのと、長きに渡りサービスを提供しているのは、信頼につながるのではないでしょうか。実際に福岡の案件をサーチしてみましたが、公開されている案件がいくつかありました。掲載されていない案件もあると思いますので、気になる方は、是非、チェックしてみてください。


では、実際に掲載されている案件をいくつか紹介します。※記載時点のものなので、最新ではありません。


案件① 年収600万円~720万円
【インフラ】金融系インフラ構築・維持及びその他付随業務
契約金額:¥500,000/月 〜 ¥600,000/月


基本的には、残業の無い様にスケジューリングしておりま、残業対応に制約のある方に進められている案件です。特にリーダー経験のある方は、リーダー的なお立場で作業も出来ますので、単金アップも望める内容となっているとのことで、頑張り次第では800万円も狙えるのではないでしょうか。

案件②年収660万円~780万円
【上流工程、Java】製鉄業におけるシステム設計
契約金額:¥550,000/月 〜 ¥650,000/月

かなり高い報酬がもらえる案件です。地方で660万円以上稼げるのは中々ありません。長期案件(2年~5年)になる可能性があり、
また宿泊費/交通費.は別途支給とのことでかなりの待遇であることがわかります。

他にも稼げそうな案件がたくさんあり、意外と広島でも仕事が多い事が分かります。


●フリーランスITエンジニアの案件・求人情報サイト【ギークスジョブ】

私が今、一番お世話になっているのが、ギークスジョブです。こちらの会社はフリーランス専門でお仕事を紹介してくれる会社さんです。ただ、今は主要都市しか対応していないので、東京、大阪、愛知、福岡などに限定されます。


広島は逆に案件が少ないですし、もっと稼ぎたいという人は大阪、東京などに行くと月収100万円も実現できると思います。

>>フリーランスITエンジニアの案件・求人情報サイト【ギークスジョブ】 


ギークスジョブはフリーランス・フリーエンジニアの登録数が7,500名を超える、案件検索サイトです。運営会社であるギークスは12年以上の実績を持ち、「豊富な案件数」と「懇切丁寧な対応」を強みとしています。


こちらの会社はフリーランスの案件を紹介しているサイトで、フリーランスに必要な情報がサイトないに丁寧に書かれています。


サイトを訪問するだけで、フリーランスとは何なのか、どういった事をしなければならないのかを学べるので、これからフリーランスになって年収をアップさせたい人にオススメです。


実際に、サイトを通じて年収があがった人の参考です。

WEBプログラマー 年収350万円⇒年収600万円
WEBプログラマー Mさん(28歳・男性)
略歴 IT系の専門学校を卒業後、小さなソフトハウス会社に就職。5年前に独立し、エンジニアとしては9年目。元々は汎用系のCOBOLエンジニアでしたが、スキルチェンジをし、今ではWEBプログラマーとして活躍中。

以下は私と同じインフラエンジニアの方ですね。なんと年収が900万円!これがエンジニアで頑張る醍醐味ですね。
インフラエンジニア 年収550万円⇒年収900万円
インフラエンジニア Tさん(42歳・男性)略歴 
4年制大学を卒業後、メーカー系Sier企業に就職。5年前に独立し、エンジニアとしては15年目。在籍中はシステム運用・保守から始まり、徐々にサーバーやネットワーク案件を任され、現在でもインフラエンジニアとして活躍中。
経験スキル Linux、Cisco、AWS など

単純に考えて、フリーランスになれば、給料が間違いなくあがると思います。特に契約単価の高い派遣会社に勤める社員さんは確実に上がります。


私は地方でフリーランスの仕事がないと思っていたので、最初に派遣会社に勤めましたが、最初からフリーランスになっていれば、、、と今では思います。ちなみに、派遣時代の年収は、400万円以下です。


現在は、月額24万円→55万円に大幅アップしました。


働く場所によりますが、フリーランスになれば、残業時間などにもよりますが、700~800万円は稼げます。その代わり、自分で確定申告とか年金を支払う必要があるので、これくらいもらわないとね、、、という感じです。


派遣会社に勤めて、給料が安くて困っている方は、フリーランスになることで、大幅な収益アップを狙えます。

>>フリーランスITエンジニアの案件・求人情報サイト【ギークスジョブ】 


まとめ

地方で働くメリットは色々とありますが、特に生まれた場所で働きたいという人も多いのではないでしょうか。また、私は今は福岡で働いていますが、生まれた場所でなくても、住めば都です。


福岡は東京ほどではありませんが、遊ぶところも多いし、食事も美味しいし、地方に移住したメリットを色々と感じることができました。ただ、東京と比較すると稼ぎにくい印象があるので、そこを補てんする働き方がフリーランスですね。


フリーランスの場合は、どこかに雇われているわけではないので、案件見合いで引っ越しをするのも一つです。ただ、地方で働きたい方は、地方で頑張りたいと思いますので、今後、フリーランスという仕事の仕方が当たり前になってくれば、もっと稼ぎやすくなるし、Uターンする人が増えるのではないでしょうか。