c93252b32e79f7a90d88594a34cdf866_s

今月はフリーランスのエンジニアとして初めて、超過分の報酬を稼げそうです。記事を更新している時点で、残業が20時間越えなので、後、10時間くらいでようやく、超過分が稼げます。


フリーランスのエンジニアになって、単価が上がっているので、稼いだ分がそのまま自分の報酬となります。派遣会社時代は、単価が上がっても、自分の収入には全く反映されませんでした。


その為、稼ぎたかったら、フリーランスのエンジニア、契約社員がお勧めです。正社員だと、会社の色んなイベントにも参加しないといけないし、デメリットが多いです。


私がフリーランスのエンジニアをお勧めするのは、とにかく稼ぎたい人です。例えば、ある程度、スキルはあるのに、報酬の少ない派遣会社に勤めている場合、給料が激安で、実際の能力とマッチしていないということがたまにあります。


私も派遣時代に、給料アップをお願いしたことが何度もありますが、実現したことはありませんでした。一方、派遣会社に契約社員として勤めている時に、常駐先の課長の計らいで、単価を4万円アップしてもらったことがあります。


その場合も、給料が4万円アップしたのではなく、2万円ほど給料があがりました。単純に会社に半分とられた感じですね。もしこれが、正社員だったら、1円もアップしていなかったでしょう。


ということで、インフラエンジニア、開発系のエンジニアをしている人で給料をアップさせたい場合は、フリーランスがお勧めです。フリーランスがちょっと不安という方は、契約社員もいいかもしれないですね。


どちらも自分の単価に応じて給料が変動します。そして、フリーランスになってもいいかな~という人によく聞かれる質問があります。それは、「フリーランスってスキルがないとなれないの?」という事です。


私も派遣時代に、フリーランスのエンジニアと何度か仕事をしたことがあります。中には高いスキルンの人もいれば、スキルもそれほど高くなく、人間的にも問題があるフリーランスのエンジニアもいました。


つまり、スキルが高い、ヒューマンスキルが高いからフリーランスのエンジニアになっているわけではないのです。単純に稼ぎたいという理由でなっている人が多いです。一方、派遣より、フリーランスのエンジニアの方が質が低いと思う事もあります。特に、人間性に難がある人が、私が出会った人の中では多かった気がします。


例えば、打ち合わせに出ない、年上にため口とか。


その為、自分はスキルがないからとか、コミュニケーション能力がそれほど高くないとか、マイナスに考える必要は一切なく、稼ぎたいならフリーランスのエンジニアになってみればいいのです。


ただ、派遣社員時代と大きく違うのは、仕事がないと当然、給料が出ません。その為、稼ぎ続けるには、働き続ける必要があります。そして、仕事を継続的にもらう必要があります。


その為、仕事に対して前向きであるとか、スキルを上げる為に努力をするのは当然の事だと思います。少なくとも、仕事に対して前向きに取り組めない人はフリーランスどころか、派遣社員としても成功しないでしょう。


これは当然の話なので、少なくともフリーランスになる為には、特別なスキルが必要ではないということだけ知っておいて欲しいです。ただ、当然、未経験では仕事をもらうのが難しいので、最低、数年は経験を積んでからフリーランスになったほうがいいでしょうね。


お勧めのフリーランスを紹介してくれる会社!


ちなみに、私が今、一番お世話になっているのが、ギークスジョブです。こちらの会社はフリーランス専門でお仕事を紹介してくれる会社さんです。

>>フリーランスITエンジニアの案件・求人情報サイト【ギークスジョブ】 


ギークスジョブはフリーランス・フリーエンジニアの登録数が7,500名を超える、案件検索サイトです。運営会社であるギークスは12年以上の実績を持ち、「豊富な案件数」と「懇切丁寧な対応」を強みとしています。


こちらの会社はフリーランスの案件を紹介しているサイトで、フリーランスに必要な情報がサイトないに丁寧に書かれています。


サイトを訪問するだけで、フリーランスとは何なのか、どういった事をしなければならないのかを学べるので、これからフリーランスになって年収をアップさせたい人にオススメです。


実際に、サイトを通じて年収があがった人の参考です。

WEBプログラマー 年収350万円⇒年収600万円
WEBプログラマー Mさん(28歳・男性)
略歴 IT系の専門学校を卒業後、小さなソフトハウス会社に就職。5年前に独立し、エンジニアとしては9年目。元々は汎用系のCOBOLエンジニアでしたが、スキルチェンジをし、今ではWEBプログラマーとして活躍中。

以下は私と同じインフラエンジニアの方ですね。なんと年収が900万円!これがエンジニアで頑張る醍醐味ですね。
インフラエンジニア 年収550万円⇒年収900万円
インフラエンジニア Tさん(42歳・男性)略歴 
4年制大学を卒業後、メーカー系Sier企業に就職。5年前に独立し、エンジニアとしては15年目。在籍中はシステム運用・保守から始まり、徐々にサーバーやネットワーク案件を任され、現在でもインフラエンジニアとして活躍中。
経験スキル Linux、Cisco、AWS など

単純に考えて、フリーランスになれば、給料が間違いなくあがると思います。特に契約単価の高い派遣会社に勤める社員さんは確実に上がります。


私は地方でフリーランスの仕事がないと思っていたので、最初に派遣会社に勤めましたが、最初からフリーランスになっていれば、、、と今では思います。ちなみに、派遣時代の年収は、400万円以下です。


現在は、月額24万円→55万円に大幅アップしました。


働く場所によりますが、フリーランスになれば、700~800万円は稼げます。その代わり、自分で確定申告とか年金を支払う必要があるので、これくらいもらわないとね、、、という感じです。


派遣会社に勤めて、給料が安くて困っている方は、フリーランスになることで、大幅な収益アップを狙えます。

>>フリーランスITエンジニアの案件・求人情報サイト【ギークスジョブ】