medium_1891950482

先日、会社の同僚との懇親会を行いました。 


その席には、私が今の会社に入るきっかけを与えてくれた人が来ることになりました。その人は、普段仕事を一緒にするわけでもないので、ほとんど会う機会がありません。


そして、普段、その人にはすごく感謝しています。


それは、この会社に入り、私がシステムエンジニアとして、再起するきっかけを与えてくれた方に出会う一つのきっかけを与えてくれたからです。


その人が面談で話をしてくれなければ、おそらく今の会社に入社していませんでした。それだけその人には魅力があったのだと思います。


そして、当時私が面談時に話した事を憶えてもらっていたのですが(私は忘れてました・・・)、こんな事をいったそうです。

「自分の為ではなく、会社の為、顧客の為に働きたい」


その気持ちは今も変わっていません。でも、実際に言葉にして出すと、メッセージとして力があったのだと思います。


そして、その方のおかげで、今の私の人生は大きく変わろうとしています。すべては、出会いときっかけで人生は変わっていきます。その出会いの節目として、何か贈ろうと考えました。


周りの男性の同僚と話をして色々と候補がでました。

・おススメ書籍
・万年筆
・ハンカチ
・金券、商品券
・名刺、定期入れ
etc



まず、実用的なものがいいだろうという事。そして、もらって悪いと思われないくらいの価格(3000円以下)がいいという事。


そうなった時に、割とオシャレなものを上げられるとすると、万年筆かハンカチがいいだろうとなりました。そして、万年筆だと数千円だと微妙なレベルになりかねないので、ハンカチにしました。


私がチョイスしたのは、BURBERRYのチェック柄。自分でも気にいったデザインを選びました。
20140718_184252

購入場所は、伊勢丹です。


今回、実は男性に物を贈ったのは初めてで、実は、以前、私自身がサプライズをもらったことが2回ほどあります。


それは、派遣会社でお世話になった派遣先を離れるときです。一回は、万年筆をもらいました。この時は、物だけでなく、激励の言葉を頂いたので、感激して号泣してしまいました。


そして、次は、商品券を頂きました。「実用的だからいいよね?」という事でした。実際、当時の派遣会社が引っ越しを指示したにも関わらず、引っ越し費用を出さなかったので、すごく助かりました。


物を贈るという行為は、感謝の気持ちを相手に表す為に、とても便利だと思います。もちろん、物にこだわらず、手紙などでもいいと思います。


重要なのは、相手の事を考えて、何が喜ばれるか考える事なんじゃないかなと思います。