20140731_151805


スマホを使っている方なら、音楽プレイヤー代わりにしたり、目覚まし代わりにしたりと、その機能性を活用していると思います。


私も、目覚まし時計としてスマホをよく使っているのですが、スマホを目覚まし時計として利用する場合に、私なりにリスクがある事を知りました。


というのも、かなり前から目覚まし時計はスマホとして併用していたのですが、スマホで起きれるから「目覚まし時計はもういらないだろう」と使わない状態になっていました。


そんな矢先、私はよく飲んで帰る事が多いのですが、その時に事故は起こったのです!


そう、「寝坊」です。


その日は、重要な仕事が午前中になかったので、事なきを得ましたが、どうしてスマホで起きれなかったと言うと、私の深酒が原因でした。


深酒をすると、寝る前にする事のいくつかを忘れる事があります。その一つが、スマホの充電です。


ズボンのポケットに入れたまま、放置して寝てしまい、結果、バッテリー切れでスマホのアラームが鳴らない状態に。結果、そのまま起きれずに、遅刻というシナリオです。


そして、スマホを目覚ましにするときに、もう一つ注意点があります。それは、バイブにして寝る事です。硬い場所にスマホを置いていれば、バイブの音で起きますが、布団の上などにあると、バイブではもはや気づきません。


という事で、先日、目覚まし時計が壊れた事をきっかけに、目覚まし時計を買い直しました。

>>SEIKO CLOCK(セイコークロック) PYXISアラーム2チャンネル電波デジタル目覚まし時計 NR529S


この目覚まし時計、Amazonでカテゴリーランキング1位の商品で、価格も1000円を切る優れものです。


 
SEIKO CLOCK(セイコークロック) PYXISアラーム
2チャンネル電波デジタル目覚まし時計 NR529S
 
  
 

ちなみに、スマホを目覚ましに使う時は、機種変更時も注意ですね。以前、機種変更時に目覚ましの設定をし忘れて失敗した経験もあります。


【スマホを目覚まし時計にする時の注意点】


・スマホのバッテリー残量
・バイブ設定
・機種変更


私自身、スマホの目覚まし機能で何度も痛い目をみているので、朝起きるのに自信がない方は、目覚まし時計がおススメですね^^